フォローする

Redshift Version 2.5.47リリースノート

オンラインドキュメントはこちらをクリック

Release notes
* [Maya] カスタムAOVのサポートを追加
* [Maya] イメージファイルプレフィックスがレイヤーオーバーライドを使用しているときに出力ファイルのパスが正しくないバグを修正
* [Max] テクスチャベイクのサポートを追加
* [Max] Shell Materialのサポートを追加
* [Max] 8ノットを超えるレンダリンググラディエントランプがクラッシュする可能性のあるバグを修正
* [Max] ノーマルマップを使用しているときに正しく照明されないバグを修正
* [C4D] プロキシおよびボリュームオブジェクトがゼロのサイズを報告し、プッシュアクトエフェクタに問題が発生する問題を修正
* [Houdini] Redshift Render ViewがLinuxビルドで利用可能
* [Houdini] RSDomeLightのビューポートプレビューを追加
* [Houdini]パックドプリミティブと群集エージェントの抽出時間を改良。最大3倍高速化可能
* [Houdini] RSスペアパラメータを追加せずにvolume/ VDBプリミティブと.vdbファイルを自動抽出
* [Houdini] Redshift VOP以外のノードでシーンをレンダリングしようとするとクラッシュする問題を修正
* [Houdini] RSRenderView AOVsリストの初期状態に関する問題を修正
* [Houdini] スタイルシートのシーンとオブジェクトレベルのオーバーライドとオーバーライドプライオリティに関連するいくつかの問題を修正
* [RenderView] 迅速なLUTファイル選択のためのドロップダウンコンボボックスを追加
* [RenderView] LUTの強度を調整するためのスライダを追加(オリジナルとブレンド)
* [All] 新しいRenderViewでIPR中に「render in camera space」が一部のライトデータを更新できないバグを修正
* [All] テクスチャプロセッサは、スプライト不透明度計算が存在する場合はアルファ値を取得し、それ以外の場合はカラー/スカラー成分を使用
* [All] 必要に応じてSprite不透明度またはDome IBLデータが存在することを確認するために、事前変換されたテクスチャのサニティチェックを追加
* [All] ドームライトを使用すると予期しないライティングが発生する可能性のあるバグを修正
* [All] 1.0より大きい不透明度値の使用に関する問題を修正
* [All]一度細分化されたメッシュに対してテッセレーションのノーマル不連続性を生成するバグを修正
* [All] プロキシファイルをロードした後にUDIM / UVTILEテクスチャが削除される可能性のある、エッジケースのバグを修正
* [All] シェーダーグラフやレイ・スイッチ・ノードを編集しているときにRS Spriteのカットアウトが機能しなくなるバグを修正
* [All] 潜在的なAOV GPUクラッシュを修正

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。