フォローする

Redshift Version 2.5.43リリースノート

オンラインドキュメントはこちらをクリック

Release notes
* [XSI]レンダリング時にクラッシュを引き起こす可能性のある最近導入されたバグを修正(2.5.42で導入)
* [Maya] RVでレンダリングまたはIPRを開始すると、進行中のレンダリングをすべて中止する仕様に変更
* [Maya] Post-render MELスクリプトは、レンダリングがキャンセルされたときに実行
* [Maya] レンダリングがキャンセルされたときに一定の条件の下でバケットインジケータが表示され続けるバグを修正
* [Max] ビューポートワイヤフレームは無効なライトに異なる色を使用
* [Max] ビューポートワイヤフレームはフリーズされたライトに正しい色を使用
* [Max] Sunのホットスポットインジケータは、Sunライトワイヤフレームの色を尊重
* [XSI/Maya/3dsMax] Redshift photographic exposureレンズシェーダは、オーバーブライトトーンの不飽和化が可能
* [Houdini] ライトテクスチャマップを構成して設定するには、RSLightの新しい「Use Texture(テクスチャを使用)」機能を使用
* [Houdini] プロキシファイル名パラメータがアニメーション可能
* [C4D] 特定の状況下でライトマテリアルがすぐに有効にならないRSLightsの問題を修正
* [All] "Attribute ordinal out of range!"という警告を引き起こす可能性がある従来のオブジェクトアトリビュートが32アトリビュートという制限を解除
* [All] メッセージ "x"でアサーションを生成する可能性のあるメモリ管理のバグを修正
* [All] motion vector AOVはポイントプリミティブに対しても正しく動作
* [All] モーションブラーの設定を変更するとIPRがクラッシュする可能性のあるバグを修正
* [All] AO / RoundCorners / Curvatureシェーダノードに、レイを放射するオブジェクトのみを含む新しいオプションを追加

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。