フォローする

SUBSTANCE PAINTER: レイヤーインスタンスの紹介

3Dコンテンツがより複雑になるにつれ、ますます多くのプロジェクトで複数のテクスチャセットが必要になります。 11月23日木曜日、レイヤーインスタンスはこれらの複雑なアセットを迅速かつ簡単に処理します。 ウォークスルーを完全にするには、11月22日(水)のライブストリーミングにご参加下さい。 このブログポストとビデオを通して使用されているマンモスアセットを提供してくれた5518 Studiosに感謝したいと思います!

注意:Substance Painter 2.xインディーライセンシーがライセンスをアップグレードする必要がある最初の機能アップデートです。

 

レイヤーインスタンス

新しいレイヤーインスタンス機能を使用すると、複数のテクスチャセットにわたって1つまたは複数のレイヤのコンテンツを共有できます。 つまり、さまざまなテクスチャセットが単一の統合レイヤスタックを共有できるようになり、複雑なアセットで作業する場合のルックデベロップメントフェーズにかかる時間が大幅に短縮されます。 この機能は、フルレイヤースタックまたは特定のレイヤーとフォルダのみを共有できるように柔軟性があり、大規模なプロジェクトで良好なパフォーマンスを維持しながら生産性を向上させることができます。

ゲーム開発者にとっては、テクスチャセットの壁を取り除き、複数のマテリアルアセットを一元的に扱うことができる新しい方法を意味します。

ビジュアルエフェクトとアニメーションのアーティストの場合、これはSubstance Painterが通常のUDIMベースのワークフローに一歩近づき、マルチタイルアセットをより高速に反復できることを意味します。

レイヤーインスタンスは、マテリアル、スマートマテリアル、エフェクトを複数のタイルに適用するのに最適な方法ですが、インスタンス化されたレイヤーのペイントは現在のテクスチャセットにバインドされます。 それは近い将来になくすために取り組んでいる制限です。

 

 

Unreal Engine 4とのライブリンクサポート!

Substance Painter Live-Linkプラグインが更新され、UnityとUnreal Engine 4の両方がサポートされるようになりました。

Epic MarketplaceからUE4 Substanceプラグインを更新するだけです。 あなたのコンテンツブラウザの任意のメッシュを右クリックし、リストの「Substance Painterに送信」項目をクリックします(Substance Painterがすでにバックグラウンドで実行されていることを確認してください)。

2つのアプリケーション間にライブリンクが作成され、Substance Painterで行うことは、自動的にUnreal Engine 4プロジェクトに反映されます。 保存すると、PainterプロジェクトファイルがUnrealプロジェクトに保存され、生産中のいつでもモデルをSubstance Painterに送り返して、時間のかかるエクスポートとインポートの手順を回避しながら反復することができます。

ヒント:Substance Painterで既に作業を開始したアセットを持っている場合は、UE4の対応するメッシュからライブリンクを起動し、作成した「空の」ペインタプロジェクトを保存します。 あなたのUE4プロジェクトディレクトリに移動し、.sppフォルダを探します。 既存のプロジェクトをあなたが持っている作業が進んでいるSubstance Painterプロジェクトを置き換えます。 ライブリンクをもう一度起動してください:UE4アセットは、作業が進んだSubstance Painterプロジェクトにリンクされ、テクスチャは自動的に更新されます。

 

新しいコンテンツ

Substance Painterのこの新しいバージョンには、クラシックなチェーンメイルからプラスチックパターンや木材に至る20の新しいプロシージャルマテリアル含まれています。 どのようなプロジェクトでも、独自のコンテンツやカスタムコンテンツ用に追加のバリエーションを作成することができます。

このリリースではさらに40の新しいグランジマップが追加され、より複雑で現実的なマテリアルを作成する可能性が広がりました。 複数のグランジマップがプロシージャルであり、新しいバリエーションの作成も可能です。

この新しいバージョンのコンテンツのライセンスを許可してくれたClémentFeuilletとNicolas Longchampsに感謝します。

 

Sketchfabエクスポータの改善

Sketchfab Exporterが更新され、ドラフト公開が可能になりました。これにより、エクスポートごとに新しいプロジェクトを作成するのではなく、同じプロジェクトを繰り返し処理できます。

 

全てのリリースノートはこちらをご参照ください。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。