フォローする

Circleからスパイラルカーブを作成

Circleノードを作成し下記のように設定します。

attributeWrangleに接続し、下記を記述します。

変数uを作成しポイント総数を現在処理中のポイント番号で割って代入。

float u = float (@ptnum) / @numpt;

ポイント位置はuにradiusチャンネルを乗算した値に乗算して代入。

@P *= u * ch('radius');

ポイントのYの値は1行目で求めた値にheightチャンネルの結果を乗算した値。

@P.y = u * ch('height');

swirlを作成し、その結果をswirlsに代入

float swirls = ch('swirls');

「Create Spare Paramter」ボタンをクリックして、radius/height/swirlの3チャンネルを作成

swirlsパラメーターを右クリックして、Copy Paramterを選択

CirlceノードのArc Anglesのvパラメーターを右クリックし、Paste Relative Referencesを選択し、Enterキーで確定

swirlsで渦巻度、radiusで半径、heightで高さを指定すれば完成

Swirlは360で一巻きするので、大きな数値を入力するとわかりやすい。

 さらに半径をランプでコントロールする。

2行目を下記のように変更

@P *= chramp('shape',u) * ch('radius');

chrampは特定の位置のランプパラメーターを返す。
これで、Create Spare Paramterをクリックするとランプパラメーターが追加。

shapeランプを調整し、スパイラル半径を制御可能。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。