フォローする

Redshift Version 2.5.38リリースノート

オンラインドキュメント

* [Maya] 特定の条件下でオブジェクトの回転とスケールがランダムに正しくないバグを修正
* [Maya] ライトタイプが「スポット」に設定されているときに、Redshift Pysical Lightのビューポート表示がスケールに正しく反応しないというバグを修正
* [Max] Max 2018でRender Viewウィンドウを閉じるときにIPRが停止しないバグを修正
* [Max]Max 2017以前でシャットダウン時のサイレントクラッシュを修正
* [C4D] レンダリング設定の[保存]セクションにあるフォーマットと名前の設定のプロキシエクスポータの翻訳が改善
* [C4D] デフォルト (Picture Viewer) Beauty AOV 設定をプロキシーにエクスポートできないようにするオプション追加
* [C4D] プロキシファイルのエクスポート中に発生するクラッシュの問題に修正
* [C4D] 特定の条件下でIPR中に誤ったUVが使用される可能性のある問題を修正
* [C4D]File AOVオプションを使用して保存されたAOVの、EXRメタデータのピクセル縦横比のサポートが追加
* [C4D] TFDとRedshiftの組み合わせでシャットダウン時にクラッシュする可能性があった問題を修正
* [Houdini] RS VOPノードの「out」ポートをデフォルトで表示
* [Houdini] 変換ノードのないPolygon Soupのネイティブサポート
* [Houdini] RS ROPノードの新しい「Render to MPlay」ボタン
* [Houdini] ボリュームがすべて同じ一意のグリッド名を共有する場合、プリミティブグループを必要とせずに、複数のボリュームプリミティブを内部に持つOBJノードのレンダリングをサポート
* [Houdini] コンストレインされたカメラで作業中のIPRレンダリングの更新
* [Houdini] より堅牢なRSRenderView再描画シーン機能は、シーンを完全に更新
* [Houdini] ネイティブのHoudini IPRツールで複数のRSRenderViewレンダー領域ツールの副作用を修正
* [Houdini] RSRenderViewは、ウィンドウを閉じた後にプログレッシブレンダリング状態を記憶するように変更
* [Houdini] レンダリングオプションを変更した後にRSRenderViewのプログレッシブレンダリングとアンダーサンプリングパラメータがリセットされる問題を修正
* [Houdini] ボリュームシェーダで、Scatterチャネルがデフォルトで「Density」文字列パラメータ値に設定
* [Houdini] パズルAOVsの範囲パラメータが0から開始する問題を修正
* [Houdini] シーンを抽出中にハングアップする可能性のあるマルチスレッド抽出コードの問題を修正
* [Houdini] SOPノードを常にクッキングしていたRS OBJスペアパラメータプロキシオプションの問題を修正。 本修正は、このビルド後に追加された新しいスペアパラメータでのみ利用可能
* [Houdini] プロキシが無効になっていても有効になっていたプロキシファイルのビューポートプレビューの修正
* [RenderView] 8ビット形式を保存するときにカラーマネジメント設定を適用するオプションが追加
* [RenderView] スナップショットでAOVが保存
* [All] EXRファイル出力にピクセルアスペクトのメタデータを追加
* [All] tessellationパラメータ "smooth UV boundaries"がrsプロキシファイルに保存されないバグを修正
* [All] ボリュームグリッドエミッションの問題を修正。 詳細はこの投稿をお読みください: https://support.borndigital.co.jp/hc/ja/articles/115002966454

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。