フォローする

Nuke-CameraTracker-トラッキングポイントにオブジェクトを配置する

概要

NukeX/NukeStudioに搭載されるCameraTrackerで取得した点群データのポイントを選択して指定した3D空間にオブジェクトを生成する方法を紹介します。

 

詳細

CameraTrackerでトラッキングデータを取得します。

NodeGraph

__________2017-10-18_12.51.01.png

Viewerで確認__________2017-10-18_12.50.53.png

オブジェクトを配置したい場所の付近をドラッグして選択します。選択したポイントは黄色で表示されます。

__________2017-10-18_18.21.59.png

3Dビューワで確認すると下の画像のように選択した場所付近でポイントクラウドが黄色くなっています。

__________2017-10-18_18.30.34.png

2Dで選択したトラッキングがある状態で右クリック>create>からNukeにあるプリセットのオブジェクトを生成します。

__________2017-10-18_18.22.56.png

3Dビューワで確認すると選択したトラッキングポイントに生成したオブジェクト(Axis)が配置されます。

__________2017-10-18_18.34.08.png

 

 

 

 

 

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。