フォローする

MtoA 2.0.2 (Arnold Core 5.0.1.2) リリースノート

リリース日: 2017/8/8
このMtoAのバージョンは、Arnold 5.0.1.2 core が使用されています。

ダウンロードは下記より行って下さい。

https://www.solidangle.com/arnold/download/

 

MtoA 2.0.2はMaya2018Update1に含まれるバージョンとなります。

BifrostをMaya 2018ユーザーには、BifrostをArnoldでレンダリングするためにMaya 2018 Update 1にアップグレードする必要があります(これはMayaの旧バージョンには適用されません)。

このバージョンは下記の変更が含まれます。

バグ修正:

  • IPRでRender Setupのオーバーライドが更新されなかった問題の修正
  • ARV: proceduralsでの isolate selected のサポート
  • 新しいstandard_volume shaderがBifrost Aero volumeにアサインされたときにクラッシュする問題の修正
  • MtoAの後にBifrostプラグインがロードされると、旧式の"bifrostAeroMaterial"がBifrost Aeroにアサインされる問題を修正
  • Metal shader用に"Convert Deprecated Shaders"の改善
  • standard surfaceプリセットの適用によりすべてのアトリビュートが適切に設定されず、正しくない結果となる問題の修正
  • Mayaネイティブシェーダーがstandard_surfaceとしてエクスポートされるように修正(旧式"standard"の代わり)

Render to Texture の改善:

  • AOVsをベイク時にレンダリング可能
  • UV範囲(start/end)の設定
  • アーチファクトを避けるために通常のオフセットを露出する

新機能/パラメータ:

  • レンダー設定に"Indirect Specular Blur"を追加
  • File Path EditorにArnold Photometric lightが含まれます
  • OSL: MtoAに stdosl.h および oslutil.h が含まれます
  • Mayaのカラー管理にOCIOが使用される際にSynColorとの依存関係を避けるために color_manager_ocioがエクスポートされます
  • StandInsの"Render Stats"パラメーターのUIの変更により、パラメータが内部的に格納される方法に一致し、Maya Render Setupでそれらをオーバーライドすることが可能となります

下位互換性のない変更点:

  • Maya2018において、MtoAには Bifrost procedural は含まれません。Maya2018update1で別のフォルダにインストールされるようになっています。

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。