フォローする

Substance Painterの新機能:自動保存、GLTF、FELIX 出力

Substance Painter 2017.3では、新しいエクスポートオプション、待望の自動バックアップ機能、UIの改善などが導入されています。

Adobe Project Felix エクスポート

Adobe Standard Material e書き出しオプションを使用すると、Adobeの最新の合成/レンダリングツールでマテリアルをすぐにレンダリングできます。 AdobeのWebサイトでProject Felixの開発について学んでください。

glTF 2.0 エクスポート

Substance PainterはglTF 2.0シーンを書き出すことができるようになりました。 glTFは、Khronos Groupによって開発され、現在、業界ではかなり勢いがあるしユニバーサル3Dシーンフォーマットです。 軽量で、PBR対応で、標準化されたオープンソースです。この新しいエクスポートオプションをテストする簡単な方法は、結果のglTFファイルをWindows View 3Dアプリケーションで開くことです。レインボーデカールを追加するためにMS Paint 3Dに持っていくこともできます;)

自動バックアップ

新しいプラグインがSubstance Painterに同梱され、プロジェクトの増分バックアップコピーを設定し、クラッシュ後にデータを失わないようにすることができます。このクールな追加機能を使用すると、スケジュールされたバックアップをすばやくスヌーズすることができ、大規模なプロジェクトで重要な作業の途中で長い保存時間が発生しないようにすることができます。

UXの調整と改善

ライフを楽にするために、UIのさまざまな部分でいくつかの小さな改善がなされました。主な2つの主な点は次のとおりです。

タブが上部に

タブは、底部ではなくウィンドウの上部にあり、他のアプリケーションの99.9%に適合していることがわかります。 タブはWebブラウザーでタブを閉じる方法と同様に、より簡単に閉じることができます。

ビューポートでのドラッグ&ドロップ

Substance Painterのプロジェクトとメッシュをビューポートで直接ドラッグアンドドロップすることで、プロジェクトを開いたり、メッシュをより便利に更新することができます。

改善されたグラデーション(Gradient)フィルタ

Gradientフィルタは、カスタマイズ可能な位置と色で最大10個のキーをサポートするようになりました。 これは、ベイクされたCurvatureやAmbient Occlusionにグラデーションを適用することで、ほとんどのテクスチャを行うことができる定型化されたワークフローに特に便利です。 また、プロシージャルノイズから錆の質感など、より高度なカラーパターンを作成するためにも使用できます。


また、新しいグラデーションフィルタは、Heightインプットのプロファイルを変更するなど、いくつかの高度な用途に対して新しい扉を開き、新しい形状やデザインを作成することができます。

いつものように、このリリースにはバグ修正やその他のマイナーな改良があります。 完全なリストについては、チェンジログをご確認下さい。

AllegorithmicのIntegration Products ManagerであるWes McDermott氏は、Substance Painter 2017.3新機能ウォークスルーを含むウェビナーを開催します。 10月11日(水)、11am PST / 2pm ESTにリンクをブックマークしてください! リンクはこちらです。

 

原文:https://www.allegorithmic.com/blog/new-substance-painter-autosave-gltf-and-felix-exports

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。