フォローする

SUBSTANCE SOURCEからUNITYとUNREALENGINE 4へダイレクトフローが可能に

 

原文: https://www.allegorithmic.com/blog/substance-source-flows-directly-unity-and-unreal-engine-4

この昨夏のSubstance Days Days Hollywoodで発表されたように、Substance Source PBRマテリアルライブラリ全体にUnityとUnreal Engine 4でワンクリックで直接アクセスできます! AllegorithmicのCleveland-based Integrationsチームの開発者とこれらのプラグインを作成する舞台裏を見てみましょう。

みなさん、こんにちは! Integrationsチームをブログ記事で紹介したのはこれが初めてのことです:)簡単にあなた自身を紹介し、Substance Source - エンジン統合プロジェクトの背景を教えてください。

両方の統合を設計する際の主な目標は何ですか?

LL:私たちは、これらの統合を現在のSubstance Sourceユーザーにとって可能な限り親しみやすさを持たせながら、ウェブサイトの使い勝手を一致させたいと考えました。 Substance Sourceのすべてのインテグレーションを設計するとき、私たちの目標はSubstance Sourceのウェブサイトと同じようなデザインを維持することでした。

どの使用事例でUnityに取り組みましたか? UE4の場合は?

WM:Substance Sourceのウェブサイトが提供するあらゆる使用事例に取り組みました。 これにより、Webサイトからさまざまインテグレーションへの機能が失われることはありません。 また、独自の使用事例を追加しました。ソースアセットがプラグイン内でダウンロードされると、自動的にゲームプロジェクトにインポートされます。 これは、プラグインによってネイティブに処理され、合理化されたユーザーエクスペリエンスを可能にします。 Substance Daysの基調講演では、パイプラインのデモンストレーションを実際に見ることができます。

SUBSTANCE PLUGIN IN UNREAL ENGINE

 

プラグインのダウンロードはこちら

SUBSTANCE PLUGIN IN UNITY

 

プラグインのダウンロードはこちら

Source in Unity / UE4プラグインのお気に入りの機能は何ですか?

チーム:私たちは、チームの一員として、私たちの好きな機能に満場一致しています:ボタンをクリックするだけで、ソースアセットをプロジェクトに直接ダウンロードできることが大好きです。

これらのプラグインを作成するためにUnityやUnreal Engine開発チームとどのように協力しましたか?

JC:私たちのコラボレーションのほとんどは、実際にはSubstance Sourceチームと協力していました。 Allegorithmicのリード・ウェブで開発者エンジニアのClémentJacobと緊密に協力して、現在のSourceプラットフォームと連携するフレームワークを作成しました。

優れたユーザビリティを実現するために設計した主な機能を共有できますか?

JG:ソース・インテグレーションはSubstance Source Webサイトをモデル化しています。たとえば、マテリアルを簡単に参照したりレビューしたりできるように、同じ大きなサムネイルが表示され、マテリアルはサイトと同じカテゴリで編成されます。可能な限りウェブサイトを一致させたいとは思っていましたが、UIはホストソフトウェアのルック&フィールを維持したかったのです。

 

全く同じような概観

UnityとUE4におけるSubstance Sourceのインテグレーションに取り組んできた理由は何ですか?

DS:インテグレーションチームのメンバーのほとんどは、ゲームのバックグラウンドを持っています。 これらの統合は、ここで私たちが非常に情熱を傾けている2つの領域、つまり独自のツールといくつかの驚くべきゲームエンジンを組み合わせました。

別の大きな動機づけは、これが、何か違うもの、新しいもの、そしてデザイナー、アーティスト、開発者にとっても非常に有用なものということでした。これらはすべて私たちが使うツールです。 これらの理由のすべては、これらのインテグレーション作業に役立ち楽しい経験をしました。

両方のプロジェクトの異なるステップとタイムラインを記述できますか?

JC:これらのインテグレーションを開発するために最初に取ったステップは、バックエンドフレームワークを作成することでした。 このプロセスは1ヶ月かかりましたが、フレームワークは現在、各ソースインテグレーションで使用されています。 UnityとUnreal Engine 4のプラグインは3ヶ月の開発サイクルで作成されました。

各プロジェクトの主な障害は何でしたか?どのように克服しましたか?

JC:これらのインテグレーションに取り組む際に発生した最大の障害は、インテグレーションのために必要なツールに適応していたことです。ソフトウェア開発は難しいプロセスですが、サードパーティツールの制限を加えると、開発プロセスが指数関数的に困難になります。これらのインテグレーションは、その種の最初のものであり、最終製品を達成するためには、それぞれ新しい方法で各ソフトウェアを使用する方法を研究し、学ばなければなりませんでした。

このインテグレーションはSubstanceユーザーに何をもたらしますか? そしてUnityとUE4ユーザーには?

KG:Substance Sourceの統合により、ユーザーは信じられないほどのスピードでデザインを反復することができます。 これらのプラグインを使用することで、数分で無限にシーンを完全に変更することができます。 プロシージャルのSubstance生成では、すでに繰り返し実行することができましたが、ソースインテグレーションはトップレベルの設計の観点から迅速な反復を可能にすることで、これに別のレベルを追加します。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。