フォローする

MODO-ログファイルの生成

この記事では、MODOがクラッシュした時にトラブルシューティングのためのログファイルを生成する方法について説明します。

MODOを使用しているときにクラッシュし、下の画像のModo Crash Reporterダイアログウィンドウが表示されない場合は、いくつかのフラグを有効にしてコマンドラインからMODOを起動し、手動でログファイルを生成して送信することができます。

__________2017-09-14_16.28.30.png

以下のコマンドは、各オペレーティングシステムで実行できる例です。デスクトップ上に「modoLog.txt」と呼ばれるテキストファイルを作成します。

Windows:

コマンドプロンプトを開き、次のコマンドを実行します。

"C:\Program Files\Luxology\modo\11.0v3\modo.exe" -dbon:qt -dbon:ogl -dbon:gnz -dbon:agl -dblog:C:\Users\<username>\Desktop\modoLog.txt

 

Mac OSX:

ターミナルを開き、次のコマンドを実行します。

/Applications/Modo11.0v3.app/Contents/MacOS/modo -dbon:qt -dbon:ogl -dbon:gnz -dbon:agl -dblog:/Users/<username>/Desktop/modoLog.txt

 

Linux:

ターミナルセッションを開き、次のコマンドを実行します。

/usr/local/Modo11.0v3/Modo11.0v3 -dbon:qt -dbon:ogl -dbon:gnz -dbon:agl -dblog:$HOME/Desktop/modoLog.txt

 

注: の例では、MODO 11.0v3のデフォルトのインストールパスを使用しています。カスタムインストールパスがある場合は、正しい場所を含むコマンドを更新する必要があります。別のバージョンのModoを使用している場合は、'11 .0v3 'のすべてのインスタンスを使用している正確なバージョンに置き換えてください。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。