フォローする

Redshift Version 2.5.30 リリースノート

C4Dプラグインには、以下のバージョンのC4Dが必要です。

Cinema 4D R19: R19.024
Cinema 4D R18: R18.039
Cinema 4D R17: R17.053
Cinema 4D R16: R16.050

RenderViewは現在、プラグインのWindowsビルドでのみ使用できます。 OSXのサポートは、次のリリースで利用可能になります。

このリリースでは、特定のRedshiftオブジェクトに対し、大本のデータにいくつかの変更が加えられています。古いシーンがロードされると、プラグインは必要なデータ変換を自動的に実行します。そのシーンが保存されると、以前のバージョンのプラグインと互換性がなくなります。 そのため、新しいバージョンのプラグインで使用する前にシーンのバックアップをとることをお勧めします。

* [Maya] Maya 2018サポートの追加
* [Maya] プロキシのユーザーデータ上書きをサポート
* [Max] プロキシのユーザーデータ上書きをサポート
* [Max] サブサーフェースマテリアルに新しいボリュームブロッキングオプションを追加
* [Max] CreateメニューにRedshift Sun Lightを追加
* [Max] Redshift Light Listerに新しいコントロールを追加
* [Max]  Render Viewにカメラロックボタンを追加
* [Max] IPRが異なるビューポートをロックする問題を修正
* [C4D] C4D R19のサポートを追加
* [C4D] RenderViewに主要な改善を追加:
- 再デザインされたツールバー.
- 複数のレンダー解像度スケーリングモード.
- プログレッシブとバケットレンダリングを簡単に切り替え
- Show SamplesやClayなどのさまざまなレンダリングモードを簡単に切り替え可能
- パン/ズームのマウス操作とレンダー領域の改善
* [C4D] Render All / Marked takesオプションを使用しているときにAOVが無効になる問題を修正
* [C4D] ShaderGraphのアトリビュートエディタにイメージファイルのドラッグアンドドロップで発生する問題を修正
* [C4D] ベクトルの代わりにScalarとして処理されたRSPVelocityパーティクルUserDataの問題を修正
* [C4D] シェーダグラフを編集する際にクラッシュする可能性のある修正
* [Houdini] RSLightsの/ matマテリアルシェーダのサポート
* [Houdini] プロキシオプションの新機能で、プロキシマテリアル名と一致するシーンマテリアルを使用してプロキシマテリアルを上書き
* [Houdini] インスタンシングオプションの新機能で、プロキシマテリアル名と一致するシーンマテリアルを使用して、 "instancefile"プロキシマテリアルを上書き
* [Houdini] SOPサブネット機能内のOBJノードのレンダリングは、副作用を避けるためオプションに変更。 RS OBJスペアパラメータの追加で有効。
* [Houdini] Redshiftのレンダリングオプションのファイル名パラメータはアニメーション化された文字列に変更。 この修正により、Deadlineからキャッシュファイルを書き込む問題が修正。
* [Houdini] /mat Redshift material builder ノードは、マテリアル選択ウィンドウでは利用できなかったので、 デフォルトでmaterial builder のレンダリングフラグを有効にするように修正。
* [Katana] RS Dome Lightの新しいHue/Saturation/Exposure パラメータ
* [All] デプスのAOVに新しいパラメータを追加
* [All] スパイラルバケットレンダリングモードをデフォルトに設定
* [All] 非常に薄暗いライト、ICP GI、photographic exposureを使用したときに不明なバンディングアーチファクトを引き起こすバグを修正
* [All] サブサーフェイス媒体内にボリュームのサポートを追加
* [All] 一度にフライト中のテクスチャサンプラーの内部ハード制限を増加
* [All] Displacement、BumpMap、TextureSampler、TriPlanarのValue remapping入力は、シェーディングノードによって駆動可能に変更
* [All] IPRモードで動作しているときにクラッシュする可能性のある「Debug Capture」シェーダのサニティーチェックコードのバグを修正

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。