フォローする

Nuke-CameraTrackerでCameraデータを作成する

Cameratrackerで取得したトラッキングデータからCameraデータを生成する方法を紹介します。

CameratrackerはNukeX/NukeStudioの機能になります。

CameraTrackerのSourceに接続した素材のカメラの動きをトラッキングします。

__________2017-08-31_20.32.50.png

CameraTrackerでトラッキングする

CameraTrackerのプロパティを開き Analysisをクリックします。

__________2017-08-31_20.33.47.png

Propertiesの設定を確認し撮影したカメラの情報がわかれば設定を変更しておく

__________2017-08-31_20.51.16.png

Propertiesの[Track]を選択してトラッキングを開始すると下の画像のようにprogressウインドウが出ます。

__________2017-08-31_20.53.41.png

処理が終わると全体にオレンジ色のトラッキングポイントが表示されます。

__________2017-08-31_20.58.39.png

トラッキングが終了するとPropertiesの[Solve]が選択できるようになるので[Sove]を押します。するとトラッキングしたポイントを解析してグリーン(正常)オレンジ(中間)レッド(エラー)の色でデータの精度を表示してくれます。

__________2017-08-31_20.32.44.png

Propertiesの[AutoTracks]タブ>MaxError/MaxTrackErrorを変更してエラーの許容値を調整することができます。[DeleteRejected]を選択すると赤くなっているエラーポイントを全て削除してくれます。

__________2017-08-31_21.06.28.png

Cameraノードを生成する

トラッキングポイントを調整したらPropertiesの[CameraTracker]タブ>Exportのプルダウンを開きCameraを選択し[Create]を選択します。

__________2017-08-31_21.07.29.png

[Create]を押すとNodeGraphにcameraノードが作成されます。ビューアにもカメラが表示されます。

__________2017-08-31_21.26.05.png __________2017-08-31_21.26.11.png

CameraノードをFBXやOBJに書き出すためにはSceneノードに接続する必要があります。接続したSceneノードの下にWriteGeoノードを接続して書き出します。

__________2017-08-31_21.31.16.png

WriteGeoのプロパティを開き書き出しのフォーマット、保存場所を設定し、[Execute]をクリックして書き出します。

 __________2017-08-31_21.31.21.png

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。