フォローする

Houdini Game Dev Tools:Make Loopでエフェクトをループ可能にする

Houdini Game Dev Toolsのインストールに関してはこちらをご参照ください。

H16 - Make Loop Node from Luiz Kruel on Vimeo.

 

1.ループにしたいエフェクトを作成

ここではPyro FXシェルフのBillowy Smokeを作成します。

CreateシェルフからTorusをクリックし、ビューポート上にマウスのカーソルがある状態でEnterキーを押します。
これでTorusが原点に作成されます。

Torusを選択している状態でPyro FXシェルのBillowy Smokeを選択します。

煙のシミュレーションが作成されます。

ループしたいフレームが十分含まれるフレームを一度再生し、キャッシュします。
キャッシュが行われると、そのフレームはタイムスライダーが青く表示されます。

2.ループ再生できるよう設定

開始、終了フレームをループとして取り出したいフレームにあわせます。
ここでは70から160までを取り出し、ループ再生できるようにしています。

Game Development ToolsetシェルからMake Loop  をクリックし、次にループ再生したいシミュレーションを選択します。

SceneにPyro _Importが作成されます。

Pyto Importの中にはいるとDop Importがmake_loopノードに接続されていることがわかります。

make loopノードを確認すると、ループに設定する最初のフレームと最後のフレームが自動的にタイムスライダーの開始フレーム、終了フレームに設定されていることがわかります。

開始と終了フレームでシミュレーションの形状が同じになり、ループ再生してみると確かに最後と最初がつながりループ再生できることがわかります。

 タイムスライダーの開始、終了フレームを修正するとループ範囲も自動で修正することが可能です。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。