フォローする

Redshift Version 2.5.27リリースノート

重要:
C4Dプラグインには、以下のバージョンのC4Dが必要です。
Cinema 4D R18: R18.039
Cinema 4D R17: R17.053
Cinema 4D R16: R16.050

* [Max] レンダービューで複数のPuzzleMatte AOVで発生する問題を修正
* [XSI] Car Paint シェーダーを使用して間違ったエラーメッセージが表示されていた問題を修正しました
* [XSI] 'Linear Falloff'シェーダが見つからないバグを修正
* [Houdini] Automatic attributes extractionオプションがOBJスペアパラメータでデフォルトで有効。 古い抽出リストのパラメータは引き続き使用可能で、抽出時間やプロキシファイルのサイズを少し最適化するために使用可能。
* [Houdini] shop_materialpathプリミティブアトリビュートを使用してSOPレベルで定義されたボリュームマテリアルのサポート。 各ボリュームグループは、それぞれ独自のマテリアルを持つことが可能。
* [Houdini] サブネットまたはオブジェクトSOPノード内のオブジェクトのレンダリングをサポート
* [Houdini] Stylesheet:シーンレベルのプリミティブスタイルシートをサポート
* [Houdini] Stylesheets::シーンレベルのスタイルシートを設定するRS ROPノードの新しいパラメータ
* [Houdini] Stylesheets: オブジェクトレベルのスタイルシートのサポート
* [C4D] Light Materialsの実験的サポートを追加
* [C4D] Cinema 4D RenderSettingsでPixel Aspect Ratioパラメータのサポートが追加
* [C4D] RenderViewにCamera Lockサポートを追加
* [C4D] RSプロキシエクスポータで、スクリプトのエクスポート中にUIダイアログが表示される問題を修正
* [C4D] レンダリング設定でアニメーションレンダリングが選択されていると、不正なフレームがレンダリングされるRender to RenderViewコマンドの問題を修正
* [C4D] サポートされていないライトタイプが選択されたときにクラッシュする問題を修正
* [C4D] 特定のパラメータが有効にならないRSEnvironmentノードの問題を修正
* [C4D] ビルトインレンダラーが特定の条件下で不必要なシャドウマップを作成してレンダリングが遅延する問題を修正
* [C4D]特定のアニメーションモードで不正確な結果が生じるRSFileおよびBitmapShaderファイルシーケンスの問題を修正
* [All] unified samplingフィルタのウィンドウサイズを変更する際に発生する可能性のあるIPRクラッシュを修正
* [All] '.rstexbin'参照テクスチャが動作しないバグを修正(バージョン2.5.26から発生するバグ)
* [All] ライセンスが取得できない場合にシャットダウンクラッシュを引き起こす可能性のあるバグを修正
* [All] マテリアルを変更したり、ライトを削除したりすると、ランダムにIPRがクラッシュする問題を修正
* [All] エラーメッセージを出力する前に、不正なシェーダグラフのクラッシュを防ぐために早期出力を追加
* [All] 何万ものシェーダでシーンをレンダリングするとクラッシュする問題を修正
* [All]
Raw/リニアサンプリングが指定されていても、事前変換された16bit/ 32bit整数テクスチャに暗すぎるSRGBガンマが「スタック」してしまうバグを修正

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。