フォローする

Shot(Asset)などのページで複数のサムネイルを表示させる

通常1つのエンティティでは、1つのサムネイルしか
持つことができません。

しかし、強引に2つ以上のサムネイルを表示することができます。

方法は、PipelineStepの(Taskエンティティの)サムネイルフィールドを
表示させるというやり方です。下記のスクリーンショットはAssetページにて

Thumbnail1
Thumbnail2

としてサムネイル表示用のためだけに利用する
PipleineStepを作成しました。
こうすれば、これらのPipleineStepに対して
アップしたサムネイルを表示させることができます。

ここの表示は、TaskエンティティのThumbnnailの反映方式が

・手動でアップしたデータの反映
・アップしたVersionの自動反映

かに影響されますので、これらのサムネイル用のPipleineStepに対してVersionを
アップするか、しないかの運用の検討は必要になります。

また、左側にはもともとのAssetのサムネイルも表示されていますが、
TaskとAssetのサムネイルの反映方式を、手動か自動かそれぞれで分けて
設定することもできます。

サムネイル(手動、自動)の切り替え方法

ちなみにTaskエンティティのサムネイルを自動表示にしている場合は、
Versionエンティティで見てみると、

・Linkフィールド → Asset名
・Taskフィールド → Task名

に情報が入っている状態となります。



Taskフィールドにまで情報が入っていれば、
PipelineStepの方のサムネイルに反映されるということになります。

この情報は、例えばまとめてデータをアップして、
あとからこれらの情報にCSVなどで流し込めば、
まとめてVersion(またはサムネイル)の振り分けができることが
分かります。

■参考
多数のサムネイルを一括登録したい

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。