フォローする

ジョブを送信する方法

一般的な送信

すべてのレンダリングとシミュレーションジョブがHoudiniの内から送信することができます。

/out に移動し、HQueue Render ROP またはHQueue Simulation ROPどちらかの下におきます。ROPノードを設定します:

  • HQueue server
  • 基本となる出力ドライバ(例:Mantra ROP、Geometry ROP)
  • ファーム上のHoudiniの位置(例:TargetHFS)

ジョブを送信するためにRenderボタンをクリックします。

HQueue ROP詳細はHoudiniのヘルプドキュメントに記載されています。

スライスしたシミュレーションジョブの送信

スライスしたシミュレーションジョブの場合は、HQueue Simulation ROPを作成し、設定するためにDistributeシェルフツールの仕様をお勧めします。シェルフツールは、パーティクル流体、流体コンテナ、布地、ワイヤなどのdynamicsシェルフの下でも見つかります。

HQueue Simulation ROP でシミュレーションをスライス状に分割するためにSlice Divisions パラメーターを設定します。スライスの数は、シミュレーションを処理するために必要なクライアントマシンの数で決定します。例えば、Slice Divisionsが2x2x2に設定されている場合、全部で8クライアントマシンがシーンをシミュレートするためにHQueue上に必要です。

ジョブを送信するためにRenderボタンをクリックします。

クラスターシミュレーションジョブを送信

HQueueにクラスターシミュレーションを送信を設定する2つの方法があります。使用する方法あどのようにクラスターシミュレーションが作成されたかに依存します。

  1. Smoke クラスタやPyroクラスタのようにシェルフツールを使用してクラスタシミュレーションを作成した場合・・・パーティクル流体、流体コンテナ、布、ワイヤ等のようにDynamicsシェルフからDistribute シェルフツールを使用して下さい。プロンプトが表示された時に分散方法として「Clustering」を選択してください。完了時に、ジョブを送信するためにHQueue Simulation ROP のRenderボタンをクリックします。
  2. シェルフツールを使わずにあクラスタシミュレーションを手動で作成した場合…… 分散用にクラスタシミュレーションを手動で準備する必要があります。以下の手続は、どのように準備をするかを記述します。それは、ジオメトリネットワークに少なくともCluster Points SOPを持ち、クラスタ化されたジオメトリがシミュレーションのためのDOPsにエクスポートされると仮定します。
    • ROP Output Driver SOP をクラスタシミュレーションネットワーク の最後に設定します。特に、 ROP Output Driverは、クラスタシミュレーションをSOPコンテキストに戻してインポートする Dop I/O SOP を含んだネットワークチェーンに接続する必要があります。
    • ROP Output Driverに、 名前内に${CLUSTER}を含むOutput Fileを設定します。これは、個々のクラスタシミュレーションのアウトプットが、違うファイルに書かれるようにするために必要です。さらに、名前に$Fを含む必要があります。
    • File Merge SOPを ROP Output Driverと同じコンテキスト下に置きます。統合ノードはシーンへクラスタジオメトリファイルを戻してロードするために使用されます。
    • File Merge ノードで、FileパラメータからGeometry ROPのOutput Fileパラメーターへチャンネル参照を作成します。Merge Range パラメーターの最初の値を0に設定し、Merge Rangeパラメーターの2つ目の値からCluster Points SOPのCluster Settings->Clustersパラメーターにチャンネル参照を作成します。最後に、Merge パラメーターを「CLUSTER」に設定します。
    • /out に移動し、HQueue Simulation ROPを下に置きます。簡単に下に置いたROP Output Driverを指し示すためにOutput Driverパラメーターを設定して下さい。 Partitioning Typeパラメータを「Clusters」に設定します。最後に、Cluster Points SOPを指し示すためにCluster Nodeパラメーターを設定して下さい。
    • HQueue serverを示すHQueue Simulation ROPとファームのHoudini位置を設定します。
    • ジョブを送信するためにRenderボタンをクリックします。

Wedge ROPジョブを送信

以下の手続はWedge ROPに関連するジョブを送信する方法を説明します:

  • /outに移動し、HQueue Simulation ROPを下に置きます。
  • Wedge ROPを示すようにOutput Driver パラメータを設定します
  • Partitioning TypeパラメータをWedgesに設定します。
  • HQueue serverを示すHQueue Simulation ROPとファーム上のHoudini位置を設定します。
  • Wedge ROPにより示されたoutput driver ノードで、ファイル名に${WEDGENUM}を含むようにoutput fileを設定します。これは、各wedgeの出力が異なるファイルとして保存されるために必要です。
  • HQueue Simulation ROPに戻り、ジョブを送信するためにRenderボタンをクリックします。

ローカルフォルダから送信

共有フォルダにある.hipファイルを使ってジョブを送信すると決まっていません。ローカル・ディレクトリの.hipファイルから作業し、それから、.hipのコピーを、HQueueにより処理される共有フォルダに送信するオプションがあります。

HQueue ROP(または、 HQueue Simulation ROP)においてRender Current HIP File drop-down menuパラメータをCopy Project Files to Shared Folder and Renderに変更してください。そして、 Project Pathパラメータを、.hip ファイルをコピーしたい場所に設定して下さい。

Renderボタンをクリックし、ファイル依存ダイアログが下記のように表示されます:

共有フォルダにコピーしたいファイルを選択してください。そして、OKをクリックします。Houdiniはファイルを送り、HQueueにジョブを送信します。

ジョブをリモートで送信

別の.hipファイル用のジョブを送信するために、HQueue ROP(または、HQueue Simulation ROP)を設定できます。これは共有フォルダに.hipファイルを持っている時には有効ですが、あなたがそこにアクセスできないマシンにいます。

HQueue Render ROPにて、Render Current HIP File ドロップダウンメニューパラメーターをRender Target HIP Fileに変更します。Target HIP パラメーターを共有フォルダの.hipファイルの位置に設定します。共有フォルダのルートを表すようにパスに$HQROOTを使用することができます。

Renderボタンをクリックします。Houdiniはターゲットとなる.hip ファイルのためにHQueueを送信します。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。