フォローする

Hqueueインストール

手順

  1. Houdiniライセンスを設定

    HQueueサーバー、クライアント・マシンとワークステーションすべてがHoudini、HBatchとMantra のライセンスにアクセスする必要があります。HQueueをインストールする前に、Houdini License Serverマシンを設定し、ファーム上の全てのマシンがサーバとライセンスにアクセスできることを確認しておくことがとても良い考えです。

  2. HQueueサーバーマシンと共有フォルダサーバーマシンを選択

    HQueue Serverを実行し、共有フォルダをホストするファーム上のマシンを決めます。

    HQueue Serverプロセスは、軽量であり、ハードウェア要件の多くを持っていません。HQueueサーバープロセスは軽量で、たくさんのハードウェア環境を持っていない。サーバーのための必要最小要件はございませんが、最低1-2CPUとRAM1-2 Gbsを持つマシンであれば十分です。

    共有フォルダサーバーマシンのために、高速なI/Oハードウェアでマシンを使用することが理想です。(ハードディスク、コントローラなど)。ロードが重い間に、クライアントマシンが共有フォルダへ書き込みと共有フォルダからの読み込みを大量に作成します。

    tHQueueサーバーを実行、共有フォルダをホストに対して同じマシンを使用可能であることに注意して下さい。これはマシンリソースを節約するため、多くの小規模ファームにとっては良い考えとなります。しかし、より大きなファームには、2つの異なるマシンを使用することか他のHQueue Serverは、クライアントマシンから大量のI/ Oトラフィックによって行き詰まる可能性があることをお伝え致します。

  3. ネットワーク接続がマシン間で可能であることを確認

    クライアントマシンは、サーバと、共有フォルダのホストマシンと通信します。すべてのクライアント・マシンがそのドメイン(DNS)名でHQueue Serverマシンを見つけることができることを確認してください。同様に、クライアントがそのDNS名で共有フォルダサーバー・マシンを見つけることができることを確認してください。

    さらに、クライアントマシンのホスト名(またはコンピュータ名)がそのDNS名と一致していることを確認してください。これはHQueueサーバがクライアントに通信する必要があるときのために重要です。

  4. 共有フォルダを作成

    ネットワーク上で共有されるフォルダを作成します。共有フォルダの目的は、ファイルを容易にクライアントコンピュータやワークステーションからアクセス可能にする空間を提供することです。

    フォルダを共有するための一般的なファイル共有プロトコル(すなわちNFS、Samba)を使用します。

    すでにHQueueを使用したいネットワーク上の共有フォルダを持っている場合は、このステップをスキップすることができます。

    共有フォルダの作成、設定に関して自信がない場合、小さなファームをもち、そして、このステップを現時点では省略して、単純にHQueue Serverインストールのみを行う事も可能です。それはインストーラーのオプションとなります。

  5. クライアントマシン上の共有フォルダをマウント

    次に、共有フォルダをすべてのクライアントマシンにマウントして下さい。クライアントマシンにおいてどこにマウントポイントがあるかは重要ではありませんが、重要な事は、マウントポイントが同じオペレーティングシステムのマシン全体で一貫していることです。

    例えば、共有フォルダがLinuxクライアントマシンの1つに/mnt/hqでマウントされている場合、そして、それは*全て*のLinuxクライアントマシンに対して、/mnt/hq fでマウントしなければいけまsねn。マウントポイントは、各オペレーティングシステムのマシンで異なるかもしれませんが、同じオペレーティングシステムのマシンでは必ず同じになる必要があります。

    共有フォルダのマウントポイントを作成する方法がわからない場合、そして、小さなファームを持っているなら、このステップを省略し、 HQueue Clientのインストールだけを行う事もできます。これはHQueue Serverのインストール同様に共有フォルダを作成できるように計画することを想定しています。

  6. HQueue Serverをインストール

    ネットワークとライセンスに対してマシンを設定しましたので、HQueueはインストールすることができます。行うために、HoudiniインストーラーをHoudiniダウンロードページからダウンロードします。インストーラーを実行し、コンポーネントから”HQueue Server” インストールを選択します。インストーラの手順に従って下さい。
    インストーラーはHQueueと動作する共有フォルダを作成するオプションを持ちます。もし既に共有フォルダを作成し、設定している場合、このオプションを無視することができます。

    インストールが完了したら、ウェブブラウザを開いて、http://<server_name>:5000 にアクセスしてHQueueウェブインターフェースを見る事ができます。<server_name>はHQueue ServerマシンのDNS名です。

  7. 共有フォルダの場所をHQueue Server に設定

    HQueue Serverは共有フォルダにアクセスしませんが、情報をクライアントマシンやワークステーションに中継できるようにネットワーク上の場所を知っている必要があります。($HQROOT変数という形で)サーバー構成を修正して、HQueue Server と一緒に共有フォルダを登録する必要があります。

    HQueueサーバーインストールの間に共有フォルダを作成し、設定すると決めた場合、すでにインストーラが既にフォルダを登録しているので、このステップを省略できます。

  8. HQueueにクライアントマシンを追加

    クライアントマシンを、マシンのオペレーティングシステムに依存するHQueueファームに追加するための複数の方法があります:

    マシンがファームに追加されると、HQueue Webインターフェイスの<help_highlight> Clientsページに表示されます。

  9. ファーム上にHoudiniをインストール

    この時、HQueueファームの主要コンポーネントがスタートし、実行されます。 — サーバー、共有フォルダホストマシン、ライセンスサーバー、クライアント。次に、クライアントマシンがMantraレンダーとダイナミックシミュレーションを実行できるようにHoudiniをインストールする必要があります。

    最も容易な方法は、共有フォルダの上にフーディーニのコピーをインストールすることです:

    Houdiniを共有フォルダにインストールする代案は、ファームの全てのクライアントマシンにHoudiniをインストールすることです。多くのアドミニストレーター作業を必要としますが、利点があります。Houdiniはネットワークの代わりに、ローカルフォルダからロードされ、Houdiniのスタートアップ時間を改善できます。
    すべてのクライアント・マシン上でローカルにHoudiniのをインストールすることは、Houdiniがすべてのマシン上の同じフォルダパスにインストールされている必要があることに注意してください。ファーム上の全てのクライアントマシン同じオペレーションシステムの場合、 HQueue はローカルフォルダのみからHoudiniを実行できます。異なるOSのファームは共有フォルダ上にHoudiniののコピーをインストールする必要があります。

  10. ファームをテストする!

    HQueueファームのインストールと設定が完了しました!

    レンダージョブを送信して、ファームをテストします:

    .問題が発生したら、HQueue FAQsを確認してください。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。