フォローする

HQueueオーバービュー

オーバービュー

HQueueは、計算ノードまたはクライアントマシンのコレクション全体にタスクを配し、監視、管理する汎用ジョブ管理システムです。全てのアプリケーションから全てのジョブで動作するようにカスタマイズされていたとしても、Houdiniから投入されたレンダーとダイナミックスシミュレーションジョブを管理することを専門にしています。

 

コンポーネント

一般的なHQueueファームは以下となります。

HQueueファームにおける主要なコンポーネント:

  • HQueue Server

    このマシンはHQueueサーバー処理を実行します。それは、システム全体の主幹部分となります。サーバーは他のマシン、Webインターフェース上のホストにジョブを分散し、ジョブスケジュールデータを格納します。

  • HQueue Clients

    HQueueクライアント・プロセスを実行するマシンです。彼らは、サーバーによって割り当てられたジョブを受信、実行します。 Queueクライアントは、クライアント・マシン、計算ノード、またはレンダリングノードとして知られています。

  • Workstations

    インタラクティブなHoudiniを使用して、ユーザーがジョブを投入するマシンです。ジョブはHQueueサーバーに送信され、そして、クライアントに分散されます。

  • Shared Folder Server

    このマシンは、ネットワーク上で共有されているフォルダ(またはドライブ)をホストします。ワークステーションは、ジョブを実行するときにクライアントマシンによって読み取られている共有フォルダに入力ファイルを転送します。クライアントマシンは、さらに、ワークステーションによってアクセス可能な共有フォルダに出力ファイルを書き込みます.

  • Houdini License Server

    このマシンは、ワークステーション上のインタラクティブなHoudiniやクライアントマシンの非インタラクティブHoudini、Mantra、そして、サーバーマシンでのHQueueサーバー処理を実行するために必要なライセンスをホストします。

どのように動作するか

HQueueがどのように機能するかを記述するための最も簡単な方法は、一般的なワークフローを確認することです – マントラレンダージョブを分散します:

  1. ワークステーションがHQueueサーバーにジョブを送信

    ワークフローは、ワークステーション上で開始されます。アーティストはHoudiniでシーンを作成し、シーンがレンダリングの準備が出来た時、アーティストがHQueue Serverにレンダリングジョブを投入するためにHQueueRenderROPを使用します。HQueueRenderROPは、シーン(.hip)ファイルとシーン依存ファイルを共有フォルダにコピーします。

    この時、アーティストは、仕事の進歩を監視するために、ウェブブラウザのHQueueウェブインタフェースを開くことができます。

  2. HQueueサーバーはジョブをクライアントマシンに割り当て

    HQueueサーバーはジョブを分析し、それを次の利用可能なクライアントマシンに割り当てます。クライアントマシンはHQueueサーバーに連絡し、ジョブを取り出します。

  3. クライアントマシンは、ジョブを実行し、小さなタスクに作業を分割

    クライアントマシンはジョブを実行開始し、共有フォルダから入力ァイルを読み取ります。特に、マントラレンダージョブに対して、クライアントは.hipファイルを読み取り、レンダー準備でIFD(シーン記述)ファイルを生成します。同時に、それはサブジョブ、またはその子にあたるジョブも作成し、それは実際のレンダリングワークを行います。

    作成された子ジョブの数は、一般的にレンダーが必要はフレーム数に基づきます。例えば、レンダージョブが1から240までのフレームと仮定します。そして、240子ジョブが対応したIFDファイルから単一フレームをレンダーすることを指示する個々のジョブを作成します。

  4. より小さなタスクはHQueueサーバーに送り返され、残りのファームに分配

    クライアントマシンは新しい子ジョブをHQueueサーバーにサブミットします。それらは列に並べられて、ファーム上の他の利用可能なクライアントマシンに割り当てられます。これは、複数のマシンが同じジョブに取り組むことができる方法です。

    同時に、最初のクライアント・マシンは、残りのフレームのためのIFDを生成し、それらのフレームのための新しい子ジョブを作成し続けます。

  5. より小さなタスクが実行されます。

    他のクライアントマシンは、並列に子ジョブを実行して、共有フォルダへ出力画像を書き込みます。

  6. ジョブの終了

    全てのジョブが完了すると、最終レンダー画像が共有フォルダに表示されます。アーティストはレンダー画像をみて、失敗したフレームに対して子ジョブを再投入できます。シーンへ変更が行われた場合、アーティストは全レンダージョブを再投入できます。

原文

http://www.sidefx.com/docs/hqueue15.5/help/overview.html

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。