フォローする

Taskエンティティで別のエンティティのFieldを活用する方法

Taskエンティティでは、別のエンティティのFiedを使用して、
フィルターやソートを行うことができます。

表示の仕方は"Link"から表示させます。
深い階層からたどりますが、慣れてしまえば簡単です。

例えば、AssetエンティティのTagsのFieldを表示させてみます。
Insert Column → Link → Asset → Tags

 

AssetのFieldが表示されました。

グループ表示もやってみます。
Groupの項目から、選び方は同じでLinkからたどります。


グループの表示になりました。

同じような方法で、画面右側のFilterを使用する場合も、
Filter下の、More Filterからの中のLinkからたどっていくことで、他のエンティティのFieldをもとに
Filterをかけることができます。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。