フォローする

Substance Automation Toolkitとは

ワークフローの自動化

Substance Automation Toolkitは、ジオメトリ関連マップのベイクやマテリアルのマップをレンダリング出力するなどのタスク用バッチ処理およびSubstanceファイルの編集や作成を行うPython APIで構成されています。

Substance Automation Toolkitを使用すると:

  • 大量のアセットを自動的にテクスチャリングする
  • マテリアル順序を作成
  • Substanceにカスタム社内ツールを構築する
  • ライブラリを新しいバージョンにアップグレードする、またはグローバルにSubstance名を変更するなどのライブラリ管理を自動化する

ライセンス

Indie PRO / ENTERPRISE

下記の製品に無料で含まれます:

  • Substance Designerのカレントライセンス
  • Substanceの有効なサブスクリプション
サイトライセンスとして購入することができます。
詳細情報または製品の評価をご希望の場合は、お問い合わせください。

自動化

下記のビデオは、Substance Automation Toolkitがテクスチャワークフローを活用するのにどのように役立つかをご紹介いたします。

 

 

 

 

 ドキュメントを表示

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。