フォローする

OSM Importer SOPを使用する

SideFXのチュートリアルページにOSM Impoterに関するチュートリアルが公開されました。

https://sidefx.com/tutorials/osm-importer/

上記を参照して、OSM Importの使用方法をご紹介いたします。

OSM Importerでは、Open Street Mapデータからデータをインポートできます。 これは、地球大部分の公開データベースです。

このOSM ImporterはSideFX社が公開しているGame Development Toolsetに含まれており、GitHubからだれでもダウンロードが可能です。

Game Development Toolset

ゲーム開発のためのさまざまなタスクを持つHoudiniユーザーをサポートするツールです。
Wikiに詳細が記載されています。

https://github.com/sideeffects/GameDevelopmentToolset/wiki

インストール手順 

githubにて、[Cone]ボタンまたは[Download]ボタンを使用してリポジトリをダウンロードします。

 

次に任意に選択したディレクトリにダウンロードしたZIPを回答します。

 

使用しているオペレーティングシステムに応じて下記を確認し、houdini.envファイルをテキストエディタで開きます。

Windows

C:\Users\[username]\Documents\houdini[ver#]

OSX

/Users/[username]/Library/Preferences/houdini/[ver#]

Houdini.envのHOUDINI_PATH の行に、解凍したGameDevelopmentToolsetまでのパスを追加します。

HOUDINI_PATH = "F:\GameDevelopmentToolse;&"

※セミコロンで区切った後に必ず&は追加してください。&がない場合、デフォルトで定義されているHoudiniファイルがロードされません。

プラグインが正しく読み取られているか確認します。

Tabキーを押し、Gamesというメニューが追加されていることを確認します。

001.PNG

 

OSMのダウンロード

http://www.openstreetmap.orgにアクセスします。

ダウンロードしたい場所を開き、Exportボタンをクリックします。

Houdiniでの使用

/obj/geoにOSM Importerノードを作成します。

002.PNG

作成されたOSM ImporterノードにダウンロードしたOSMファイルを読み込むと、下記のようにデータが作成されます。

010.PNG

 Geometry Spreadsheetを開き、Primitives表示にするとStreetやBuilding等の情報が表示されます。

004.PNG

blastノードを追加し、OSM ImporterのOutputを接続します。

Blast geometryノードは、プリミティブやエッジ等を削除します。

008.PNG

Geometry Spreadsheetを確認すると、highwayというアトリビュートが存在します。

007.PNG

BlastノードのGroupに下記のように追加します。

@highway!=0

Delete Non Selectedを有効にして、選択していないものを削除します。

009.PNG

highwayアトリビュートに0以外の部分が抽出されます。

011.PNG

blastノードを複製し、更に接続、Group部分に下記を記述します。

@highway=primary

highway後日ユーとがprimaryとなっている部分のみが抽出されます。

013.PNG

 再度Blastを複製し、OSM Importerの下に接続します。

Groupには、下記のように記載します。

@building!=0

015.PNG

結果は下記のようにBuildingになっている部分だけを抽出することができます。

016.PNG

OSMデータからビルを作成」に続く

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。