フォローする

SUBSTANCE DAYS 2017 KEYNOTE:今年の最も重要な発表

私はSubstance Days Hollywoodセカンドエディションについてとても興奮しています。昨年も大変大きなものでしたが、今年のショーはさらに多くの出席者、発表すべき事、そして1年で起こった多くの肯定的な事柄により、さらに有為でした。 以下は私たちが発表したリストです。前途に関して私たちと同じだけ興奮してくれることを願っています。

– Sébastien

Substance PainterからUnityへのLivelink

Substance Painterがサードパーティのアプリケーションに継続的にデータを送信できるように、スクリプトAPIが更新されました。 この新機能の最初の実験では、エンジンとSubstance Painterのライブリンクを作成するUnityプラグインを使用して、リアルタイムでテクスチャ処理の結果を確認することができます。

Substance ShareともうすぐUnity Asset Storeでプラグインを入手できます。 次に、メッシュを右クリックして、「ユニティに送信(send to Unity)」を選択して、ライブリンクが表示されるようにします。 変更がUnityで見るものにどのような影響を与えるかを見直す必要はもうありません!

 

 

Substance自動化ツールキット(Substance Automation Toolkit)が明らかに! 

Substanceファミリーの最新メンバー、Substance Automation Toolkitへようこそ! このツールキットを使用すると、膨大な量のアセットをテクスチャ化して反復時間を短縮するコマンドラインツールと新しいPython APIを使用してワークフローを自動化することができます。

Substance Automation Toolkitは、Substance IndieプランとSubstance Designer Indieライセンスのサブスクリプションに無料で提供され、プロユーザーに対しては有償となります。

より詳細な情報が今後のブログ記事で発表されるので、このままお待ちください。

 この26 UDIMタイルモデルは、Substance Automation Toolkitを使用してプロシージャルにテクスチリングされています。

 

 

UnityでSubstance Source

Unity内でSubstance Sourceに直接アクセスできます。Substance Sourceから必要なアセットをUnityアセットライブラリに直接ダウンロードし、すぐにシェルフに置くことができます!

 

 

Unreal Engine 4でSubstance Source

Substance SourceがUnreal Engine 4でも使用できます! Substance Sourceにすぐにアクセスし、1000を超えるアセットライブラリからアセットをダウンロードします。 このプラグインは、8月にUE4 Marketplaceで利用可能になります。

Substance Painter 2017.2 - Substance Painterのレイヤーリンク

Substance Painter 2017.2では、Substance Painterのノンリニア特性を活用し、より高度なマテリアルとエフェクトを作成するスマートな新しい方法であるAnchorsを導入しています。

このリリースのその他の機能には、新しいスクリプトオプション、新しいフィルタ、全体的なパフォーマンスの向上などがあります。 blogpostで詳細を入手してください。

 

Substance DesignerでAxFをサポート

間もなく、スキャン後処理に専用のSBSおよびMDLテンプレートを使用してSubstance DesignerでAxFファイルをインポートすることができます。 スキャンの上にプロシージャルパラメータを追加してハイブリッドマテリアルを作成します。

これは、Substanceを使ったスキャンワークフローをより簡単でスムーズにするための大きな進歩のはじめの一歩です。

 ※エックスライト社のデジタルファイル形式「AxF」

新しい卒業後オファー

昨年の基調講演で発表されたように、私たちはSubstance製品のライセンスを学生と教師のために完全に無料にしました。

この公平な価格体系の継続により、私たちは卒業後最初の1年間に半額の月額9.95ドルでSubstance Monthly Planを提供することに決めました。 これが8月に利用可能になる予定です。

 

MeetMATアートブック


Meet MAT 3D Painting Contestは、1200以上のエントリとルールを再考する品質レベルをもって、非常に大きな予想外の成功を収めました!

他にはない究極のMATアートブックで最高の作品を集める必要があります。

 

Substance Source

お気づきかもしれませんが、我々はSubstance Sourceを全面的に開発しています。 Substance Painter、Unity、Unreal Engine 4の統合以外にも、定期的なベースでコンテンツを追加してマテリアルライブラリを拡張することを目指しています。

 1000種類以上のマテリアルが含まれており、最近の追加には150種類の繊維マテリアル、地面および環境マテリアル、スポーツウェアテキスタイル、および繊維マテリアルの印刷パターンが含まれています。 業界の一流アーティストが創作した新しい「シグネチャコンテンツ」をはじめ、さらに多くのものが登場します。

 

新しいMattershots + Substance Designerコンテスト

MeetMATの後、次のコンテストはMattershotsとSubstance Designerの組み合わせについてです。 9月に発売される予定ですので、お待ちください ;)

 

 

新しい研究開発プロトタイプ


Allegorithmicは現在、高品質のリアルタイムライティングとシャドー、自動UVマッピング、インタラクティブサーフェスシーム処理、およびマテリアルの人工知能に関する研究を行っています

ArtStation パートナーシップ

ArtStationはAllegorithmicの長年のパートナーの一人であり、Substance Indieのマンスリープランの全サブスクリプションに対して、間もなく2ヶ月無料のArtstation Proアカウントをを提供するという発表に興奮しています! ArtStation Proアカウントを使用すると、次のことができます。

  • 独自のドメイン名を使用
  • プレミアムテーマであなたのポートフォリオページをカスタマイズ
  • 無制限の帯域幅、ページ、プロジェクト
  • 検索の先頭に表示
  • Proバッジの入手

 

原文:https://www.allegorithmic.com/blog/substance-days-2017-keynote-here-are-year-s-biggest-announcements

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。