フォローする

Redshift Version 2.5.24リリースノート

重要:
C4Dプラグインには、以下のバージョンのC4Dが必要です。
Cinema 4D R18: R18.039
Cinema 4D R17: R17.053
Cinema 4D R16: R16.050

リリースノート
* [Maya]macOS上でプラグインをMaya 2014,2015,2016にロードするとクラッシュする問題を修正
* [Max] シェイプ(スプラインを含む)のレンダリングのサポートが追加
* [Max] レンダリング完了時にレンダーエレメントを表示しないようにする回避策を追加
* [Max] プログレスバーとステータスメッセージをRenderViewに追加
* [Houdini] モーションブラーのオプションは、モーションベクトルAOVが有効な場合に自動的に設定
* [Houdini] オブジェクトUVマップからのメッシュタンジェントアトリビュートを計算するためのRS OBJスペアパラメータの新しいオプション - Polyframe SOPやその他の回避策は不要(H16のみ)
* [Houdini]AOVの新しい「Custom File Prefix」パラメータ:マルチレイヤーのEXRファイルで作業しているときに、同じカスタムプレフィックスを持つすべてのAOVが同じEXRファイルに保存されます
* [Houdini]メッシュストランドの「rest」ポイントアトリビュートのサポートを追加
* [Houdini] モーションブラーが有効になっていた場合、カメラプロジェクション機能を使用している間にクラッシュする問題を修正
* [Houdini] SOPレベルでのVDBプリミティブトランスフォーム問題を修正
* [Houdini]ボリュームグリッドを含むシーンでプロキシのエクスポートがクラッシュする可能性のあるバグを修正
* [Houdini]パーティクルシステムの抽出中に無効なERRORメッセージが削除
* [Houdini] IPCスクリーン半径パラメータのGUIを修正
* [Katana] モーションブラーのオプションは、モーションベクトルAOVが有効な場合に自動的に設定
* [Katana] メッシュストランドの「rest」ポイントアトリビュートのサポートが追加
* [Katana] モーションブラーが有効になっていた場合、カメラプロジェクション機能を使用している間にクラッシュする問題を修正
* [All] MacOSとLinuxで新規インストールがクラッシュするバグを修正
* [All] shader switchedマテリアルシェーダが正しく機能しないというバグを修正
* [All] ネストされたshader switchノードが破損するという最近発生したバグが修正
* [All] 2つ以上のレイヤーを使用すると誤ったアルファと予期しない色になるRS Color Layerシェーダのバグを修正

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。