フォローする

Substance Painter 2017.2 リリースノート

追加 :

  • アンカーポイント - レイヤーおよびマスクリファレンスシステム
  • [Layer Stack] FillとPaintのエフェクト名を変更する機能
  • [Shelf]4つの新しいフォント(日本語+簡体字中国語、タイプライター、セグメント)
  • [Performance] プロジェクトのロードとスタンピングの最適化
  • [Substance Source] 更新されたSubstance Sourceプラグイン
  • 起動時にスプラッシュ画面を追加
  • [Scripting] テクスチャセットの解像度のクエリを許可
  • [Scripting]Paintingエンジンのステータスを取得が可能



修正 :

  • [Tool] マテリアルパラメータを調整する際のパフォーマンスの問題
  • [Engine] 解像度を変更すると消えるブラシストローク(4K> 2K)
  • [Shader] 非PBRシェーダは動作しない
  • [Sample] Meet Matサンプルプロジェクトテクスチャセット名が正しくない
  • [Shelf] ユーザードキュメントのシェルフパスは自動で作成されない
  • テンプレートを作成する前にプロジェクトを保存すると書き込み許可エラーが返される
  • [Shelf] アップデート後にプリセットを以前のバージョンと互換性を持たせる
  • [Bakers) Match By Nameが有効な場合、IDマップのベイクに失敗
  • [3D View] 接線空間がベイカーと同期されない

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。