フォローする

Autodesk 2017 製品ネットワークライセンスマネージャについて

■ 説明

Autodesk 2017 製品のネットワークライセンスを使用する場合、FlexLM はバージョン 11.13.1.2 へ更新する必要がございます。従来の FlexLM 11.12 は 2017 版のライセンスフィーチャを
読み込めないためクライアントから2017用ライセンスファイルを取得することができません。

FlexLM  11.13.1.2 インストーラ
<https://knowledge.autodesk.com/customer-service/network-license-administration/get-ready-network-license/download-the-network-license-manager>

■ 2017用Autodesk Network License Manager(Windows) をインストールする方法

2017バージョンの製品のネットワーク ライセンスを購入し、たいウィンドウで、Autodesk Network License Manager をインストールする方法について学習します。

Autodesk Network License Manager 2017 インストールは、旧バージョンと 2 つの主な違い以外は似ています。

  1. 新しいバージョンは、11.13.1.2です。
  2. 既定のインストール フォルダは、C:\Autodesk\ に変更されました。

最初に、更新されたライセンス ファイルを取得します。 手順をこちらをご参照ください。

Autodesk Network License Manager の最新バージョンをここからダウンロードします。

  1. ライセンス マネージャのインストーラを実行します。 既定では、C:\Autodesk\ フォルダにインストールされます。
  2. 新しいテキスト ファイルを作成し、debug.logとします。 このファイルは、ライセンス マネージャのインストール フォルダにコピーします。
  3. ライセンス マネージャのインストール フォルダに、ライセンス ファイルをコピーします。
  4. デスクトップの LMTOOLS アイコンを実行するか、インストール フォルダにあるLMTOOLS .exeをダブルクリックします。
  5. LMTOOLS ウィンドウで、[Service/License File] タブを開きます。
  6. [Service/License File] タブで、[Configuration Using Services] オプションを選択します。
  7. [LMTOOLS ignores license file path environment variables」ボックスをチェックします。
  8. Configure Servicesタブを開きます。
  9. [Service Name] ドロップ ダウン リストで、ライセンス サービスの名前を入力します。 既定値は、[FLEXlm Service 1]です。 [Autodesk licenses]ように、サービス名を変更することをお勧めします。 Windowsサービスのトラブルシューティングする場合、わかりやすくなります。
    注:すべてのAutodesk製品に対して、サービスは1つだけになるようにするべきです。Autodesk製品を複数のサービスに分けることはできません。もし複数のソフト開発元に対しライセンス管理用としてFLEXlmを使用する場合、このドロップダウンリストは複数の選択肢を持っていることになります。 (2 つ以上の開発元のライセンスを管理するために、FLEXlm ライセンス管理テクノロジの使用方法の詳細については、次を参照してください。Combining Autodesk with another vendor’s products already using FLEXlmします。
  10. Path to lmgrd.exe fileボックスで [参照] をクリックします。移動して、lmgrd .exe を選択します。  [開く] をクリックします。既定ではこのデーモンはC:/Autodesk/ にインストールされます。
  11. Path to the license fileボックスで [参照] をクリックします。 移動して、ライセンス ファイルを選択します。 [開く] をクリックします。
  12.  Path to the debug log file ボックスで [参照] をクリックします。 移動して、debug.log を選択します。 [開く] をクリックします。
  13. [Start Server at Power Up] ボックスをクリックします。
  14. [Use Services] ボックスをチェックします。
  15. [Save Service] をクリックし、変更を確定するには、[はい] をクリックします。
  16. Start/Stop/Rereadタブを開きます。
  17. [Start Server]をクリックします。
  18. [Perform Status Enquiry] をクリックします。
  19. リストをスクロールして、「license server UP」を検索し、ライセンスの使用可能と表示する必要があります。

■ 英語サイト

https://knowledge.autodesk.com/support/autocad/troubleshooting/caas/sfdcarticles/sfdcarticles/How-do-I-install-Autodesk-Network-License-Manager-for-2017-products.html

Autocadのサイトですが、他の製品も同様となります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。