Created on | Updated on

アニメーションリターゲットが正しく行われない

Houdini18.5のモーションリターゲティングを適用しようとした場合、読み込んだアニメーションが正しくターゲットキャラクタに適用されない場合があります。

mceclip0.png

アニメーションデータにRest Transformが設定されていないことが原因の場合があります。

下記はMIXAMOから取得したアニメーションですが、AttributeをみるとまだRest Transformがありません。

mceclip1.png

FBX Animation Importの設定を見ると、Outputという部分があり、ここでAnimationとRest Poseを指定することができます。

AnimationはそのFBXに含まれているアニメーションデータですが、Rest Poseはデフォルトのポーズをアニメーションなしで出力します。

このRest Poseのデフォルトのポーズって何だろうと思いましたが、Mayaでいう優先回転角の状態でした。

試しにMIXAMOで出力したアニメーションデータをMayaに読み込み、Prefered Angleを変更して出力、それをHoudiniのFBX Animation Importにロードし、Rest Poseにすると、表示されたポーズはMayaで変更して設定したPrefered Angleでした。

 

mceclip2.png

mceclip3.png

 

Rest Poseを持っていて、これがそのままRest Transformに設定されるわけではないようです。そこで、このRest PoseをRest Transformに登録します。

アニメーションデータおよびReset Poseのデータを外部データであるFBXと切断されてもいいようにキャッシュします。

アニメーションデータのキャッシュにはstashノードを使用することができます。

Stashはコマンド実行時にノード内の入力モーションをキャッシュ化してから、それをノードの出力として使用します。

ただ、Fbx Animation ImportをStashに接続しても、ビューポートには何も表示されません。

mceclip4.png

StashノードのStash Inputをクリックするとビューポートにスケルトンが表示されます。

mceclip6.png

しかし、これは1フレーム分のみでアニメーション全体が保持されません。

そこで、FBX Animation ImportをMotion Clipに接続し、その後、Stashに接続します。

再度、Stash ImputをクリックするとMotion Clipで保存したすべてのフレームデータがキャッシュされます。

mceclip5.png

キャッシュされたら、Motion Clipとの接続を削除してもキャッシュからデータが生成されます。

mceclip7.png

これをアニメーションデータとして使用します。

PDGなどで処理を反復して行う場合、Stashをかませる必要はありません。あくまでFBXとのリンクがきれてもデータが保持できるようにしたい場合に使います。

次に2つ目のStashを作成します。

FBX Animation ImportのOutputはRest Poseに設定し、2つ目のStashに接続します。

mceclip8.png

Stash Inputをクリックしてキャッシュしたら、FBX Animation Importとの接続はきって構いません。

mceclip9.png

これでアニメーションデータとRest Poseをわけることができました。

Stashを使わない場合、FBX Animation Importを2つ作成し、OutputをAnimationとRest Poseにしておくといいでしょう。

mceclip10.png

では、この2つを使って、Restore Transformを設定します。Rest TransformはRig Stash Poseから設定することができます。

Stash Animationは、Motion Clip状態なのでアニメーションに戻す必要があります。

Motion Clip Evaluateを接続しアニメーションに戻します。

mceclip11.png

下記のようにMotion Clip EvaluateとStash Rest Poseを接続します。
左がRig(スケルトン)で右がPose Sourceとなります。

mceclip12.png

この時にAttributeを確認すると接続したポーズがrest transformとして保存されます。

Rest  Transformアトリビュートを持たせることができたら、リターゲットの手順であるRig Match Pose、Map point、Full body IKを接続します。

今度はアニメーションが壊れずターゲットにわたったことがわかります。

mceclip14.png

そのままBone Deformに結果を渡します。

mceclip15.png

ちゃんとターゲットにアニメーションがわたりました。

mceclip16.png

Ericにもしっかりアニメーションリターゲットできました。

mceclip17.png

 

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

※ 問い合わせ対応はBorn Digitalより製品をご購入頂きましたお客様のみのサービスとなります。ご了承下さい。
サポート問い合わせ