Created on | Updated on

アドビエンタープライズユーザー向けのインストール

このガイドは、Adobe EnterpriseユーザーがSubstance Sourceのダウンロードにアクセスできるようにすることを目的としています。

Entitlement

Adobe Enterpriseユーザーは、Adobe Admin Consoleを介してSubstance Bundleを利用することができます。Substance Bundleは、Substanceデスクトップアプリケーションに加えて、Substance Sourceから30アセット/月/ライセンスシートへのアクセスで構成されています。

001_-_Substance_Source_Bundle.jpg

管理コンソールのスクリーンショットには、Substance BundleとSubstance Source – Unlimited Assets Licensesの両方のカードが表示されています。

Delegation

Substance Source Bundle

Substance Bundleは、Substanceデスクトップアプリケーションに加えて、Substance Sourceの30アセット/月/ライセンスシートへのアクセスで構成されています。管理者コンソールでは、組織管理者がユーザーをライセンスのいずれかに割り当てることができます。ユーザーにライセンスを割り当てると、Substance Sourceの月30アセットへのアクセスは、自動的に割り当てられたユーザーに委任されます。

01_-_Substance_Source_Bundle.jpg

Substance Source Unlimited

Substance Source Unlimited製品の場合、組織に追加されたユーザーは自動的にアクセスできます。特定のユーザーにライセンスを特別に委任する必要はありません。組織内のすべてのユーザーは自動で委任されます。管理者コンソールでは、管理者は組織内のすべてのユーザーを表示することができます。

02_-_Substance_Source_Unlimited.jpg

組織のユーザーのこのスクリーンショットでは、ユーザーのアカウントの横にあるSubstance Source Unlimitedのアイコンは、ユーザーがこのライセンスを自動委任されていることを示しています。

Substance Source Unlimited Assetsのこの自動委任は、組織内のユーザーが他の種類のアドビ権限を持っていることを前提としています。Substance Source Unlimited Assetsへのアクセスを希望するユーザーが他のアドビ資格を持っていない場合は、下記の「CCE Freeを使用した資格の追加」のセクションを参照してください。

Access

ライセンスの委任で提供される「Substance Source」にアクセスするには、ユーザーは「Substance Source」のウェブサイトにアクセスする必要があります。

022_-_Substance_Source_Login.jfif

Login Process

権利のあるアセットにアクセスするには、委任されたユーザーが、Substance Sourceのウェブポータルにログインする必要があります。ユーザーがウェブポータルのナビゲーションバーの右上部分でログイン機能を選択すると、ログイン画面が表示されます。

Adobeユーザーは、Adobeウィジェットでログインを選択する必要があります。

031_-_Select_Your_Account.jfif

023_-_Substance_Source_Login.jfif

Adobeの認証情報を使用して認証を行うと、「Select An Account(アカウントの選択)」が表示されます。

03_-_Select_Your_Account.jpg

企業組織のアセットにアクセスするには、[会社または学校のアカウント]オプションを選択します。これは、組織のための権利を持つエンタープライズアカウントにユーザーを配置します。

ORG Selection

これで、ユーザーが適切なエンタープライズ アカウントに認証されたので、ユーザーは、[ユーザー プロファイル] ドロップダウン メニューから正しいプロファイルを選択する必要があります。ユーザーは、それぞれが異なるアセットプーリングとプロファイルを持つ複数の組織の一部になる可能性があるため、この選択は必要です。

04_-_Select_Your_Account_2.jpg

このメニューから、ユーザーが表示したい組織プロファイルを選択します。選択すると、ユーザー・ナビゲーション・バーに、そのプロファイルで利用可能なアセットのプールされた数が適切に表示されるようになります。

05_-_Select_Your_Account_3.jpg

Pooling

Substance Bundleの権利を持つユーザーの場合、アセットは組織全体でプールされます。このプールされたアセットの数は、「Substance Bundle」のライセンス数に基づいています。

例えば、ある組織が「Substance Bundle」のライセンス数が10ライセンスで、1ライセンスあたり月30アセットを提供している場合、その組織のプールされたアセットの数は月300(10ライセンス* 30アセット/月/ライセンス)となります。

  • 組織内のすべての権利を持つユーザーは、プールされているアセットの総数から引き出すことができます。権利を持つユーザーが新しいアセットをダウンロードしてポイントを使用すると、そのアセットが利用可能になります。
  • 利用可能なプールされたアセットの数は、ナビゲーションバーの右上に表示されます。
  • Substance Bundleでは、ライセンスをお持ちのお客様に毎月30のアセットを提供しているため、各組織は、ライセンス数に応じて毎月追加のアセットプールを受け取ることになります。
  • プールされたアセットの数は累積的なものです。有効期限はありません。
  • サブスクリプションの毎月、プールされた資産の量はライセンス数に基づいて増加し、前月の利用可能なアセットはロールオーバーされます。

    051_-_Select_Your_Account_3.jpg

    このスクリーンショットでは、数15000 ptsは、組織がダウンロードできるアセットの利用可能なプールを示しています。アセットがダウンロードされると、プールは減少する。

Usage

組織がダウンロードしたアセットを表示するには、組織のユーザーは、Webポータルの右上隅にあるユーザーナビゲーションバーの「組織のアセット」の選択にアクセスすることができます。

052_-_Select_Your_Account_3.jpg

これにより、組織内のすべてのユーザーがダウンロードしたアセットがユーザーに表示されます。組織のアセットビューでは、ユーザーはまた、アセットを表示するために選択することができます。

053_-_Select_Your_Account_3.jpg

Statistics

組織で利用可能なアセットの数を表示するには、権利を持つユーザーが Substance Source Webポータルにログインし、利用可能なプールされたアセットの数がナビゲーションバーに表示されている必要があります。使用統計は、現時点では管理者コンソールでは利用できません。

User Entitlement with CCE Free

組織内のユーザーに対して一般的なアドビの権限を有効にするには、組織の管理者がCreative Cloud for Enterprise - Free (CCE Free)オファーを利用してユーザーに権限を与えるだけです。これにより、ユーザーがエンタープライズ組織のメンバーとしてSubstance Source - Unlimited Assetsにアクセスするための適切なアカウントが作成されます。これは、ユーザーが他のタイプのアドビ権限を持っていない場合にのみ必要です。

管理者コンソールでは、企業組織の管理者がCreative Cloud for Enterprise - Free(CCE Free)のオファーを受け入れることができます。

054_-_Select_Your_Account_3.jfif

承認されると、組織の管理者は、組織の任意のメンバーにCCE Freeを割り当てることができます。

06_-_Add_new_user.jpg

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

※ 問い合わせ対応はBorn Digitalより製品をご購入頂きましたお客様のみのサービスとなります。ご了承下さい。
サポート問い合わせ