Created on | Updated on

GAME JAM STARTER KIT:PIPE(パイプ)

概要

mceclip0.png

本記事では、SideFXが公開している GAME JAM STARTER KIT から PIPE(パイプ)を Unreal Engine を使って解説します。

GAME JAM STARTER KIT のダウンロードはこちらから:
https://www.sidefx.com/ja/tutorials/game-jam-starter-kit/

レベルに合ったパイプやケーブルをコントロールカーブを使って形状を制御することで、すばやく作成できます。 レベルに必要なルックに応じて、単一パイプまたは複数のパイプをカーブに沿って描画できます。

 

ツールの使い方

mceclip0.png
パイプはカーブを軸として生成されます。

mceclip1.png
このツールで生成できるパイプは三種類あります。
一般的な Base pipe とより滑らかに曲がる Smooth pipe と細く滑らかな Cables です。

mceclip5.png
Pipes amount で配置するパイプの数を増やせます。
上は値を 2 にした場合で、二本のパイプがカーブを挟むようにして伸びています。

mceclip6.png
Spacing pipes でパイプ間の距離を変更できます。

mceclip8.png
Pipes direction で向きを指定できます。たとえば Y 方向(Houdini 内部での上向き)にすると、

mceclip10.pngmceclip9.png
Houdini 内部で法線方向を向いたパイプを整列させることができます。

mceclip11.png
Force direction にチェックを入れると、

mceclip12.png
パイプ全体の法線方向が統一されます。

あらゆる場面ではなくとも、配管を強制的に整列させる場面に使うことができます。

mceclip0.png
ただし場合によってはパイプが捩れることがあるので、注意が必要です。

 

パラメータの変更

Base pipe

mceclip13.png
Radius pipe でパイプの半径を変更できます。

mceclip14.pngmceclip15.png
Corner bevel amount でジョイント間の距離を調整できます。
さらに、Bevel divisions と Pipe divisions でそれぞれの分割数を調整します。

Smooth pipe

mceclip16.png
Base pipe よりも滑らかなパイプです。
滑らかな分ポイントが多くなっているため、ジョイントが大量に配置されます。

変更できるパラメータとして、
ジョイント間の距離(ジョイントの数)、パイプの半径、分割数があります。

Cables

mceclip17.png
mceclip18.png
Radius, Divisions, Rows Spacing についてはこれまでのパラメータと同様の働きをします。

mceclip19.pngmceclip20.png
Solve overlap は、ケーブルの重なりをほどく処理をします。
上の二枚のクリップは、左がデフォルトのままチェックしていないもので、右がチェックしたものです。
左では中央でケーブルが別のケーブルを貫通していますが、右は片方が手前に出ています。

mceclip21.png
複雑な配線をしたりケーブルの本数を増やすと不自然になることもありますので、このオプションを使って自動的に配線を正すことができます。

Output

mceclip22.pngmceclip23.pngmceclip24.png
Normal model を 0 にすると、モデルが持つポリゴンが全て出力されます。
最大にしたとき、モデルは滑らかな状態で出力されます。

二種類のパイプに加えてケーブルを自由に配置することができ、また本数や太さも変えることができます。
シーンに合ったものを選び、また微調整もできます。

 

mceclip6.png
本ツールを使って、パイプとケーブルをカーブに沿って配置することができました。
マップによっては大量のパイプを整然と並べる必要があったり、また雰囲気を形作るのにも役立ちます。

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ