Created on | Updated on

SideFX Labsの更新情報(2020/08/06)

 SideFX Labsのインストールはこちら
https://support.borndigital.co.jp/hc/ja/articles/900000016023

SideFX Labsの更新情報最新はこちら
https://www.sidefx.com/forum/topic/70854/

SideFX Labs概要はこちら
https://www.sidefx.com/ja/products/sidefx-labs/

SideFX Labsの各ツールに関してはこちら
https://www.sidefx.com/ja/products/sidefx-labs/sidefx-labs-tools/

Houdini for Realtime
https://www.sidefx.com/forum/68/

※Houdini18よりSideFXLabsに変更されたため、Houdini18以降はGithubもSideFXLabsからダウンロードする必要があります。SideFXLabsにあるプラグインは「Houdini18」用のみコンパイルされております。

SideFX LabsのGithubはこちら

https://github.com/sideeffects/SideFXLabs

06 Aug 2020

New Tools

  • 1.187 (18.0.544)  ヘルプメニューにReset Viewportボタンを追加しました。このボタンを押すと、全てのアクティブなsceneviewersが削除され、ほとんどの設定を継承した新しいコピーが作成されます。もし、見落としているものがあれば、RFEを送ってください。
  • 1.185 (18.0.540) Diff Data(差分データ)TOPを追加しました。 このノードはデータを比較し、それらが同一であるかどうか、異なる場合はファイルペア間の違いを教えてくれます。
  • 1.182 (18.0.533) チェッカーボードテクスチャを非常に簡単に作成し、主にシーン内のテクセル密度を比較する方法として、 Grid Texture COPを追加しました。

Updates

  • 1.189 (18.0.546) MapsBakerにThicknessMapのサポートを追加しました
  • 1.189 (18.0.546) Lighting SOPのドキュメントアイコンとサンプルファイルを追加しました
  • 1.189 (18.0.546) Road Generator sopのドキュメントアイコンとサンプルファイルを追加しました。
  • 1.188 (18.0.545) MapsBaker でピクセルあたりのサンプル数をコントロールする機能を追加。多くのユーザーがより大きな解像度でベイクしてからダウンスケールしていたため、組み込まれました。
  • 1.188 (18.0.545) MapsBakerからハイトマップを生成する方法を変更しました。画像は非HDRエクスポート用に16bitになり、ツールではリマッピングに使用する範囲を指定でき、また、ハイトマップのエクスポートに別のファイル形式を使用するようにツールを設定できます。(フルレンジ32bit EXR)
  • 1.187 (18.0.544) Group by Measure SOPのためのドキュメントとサンプル・ファイルを追加しました。
  • 1.187 (18.0.544)  HF Combine Masks SOPのためのドキュメントとサンプル・ファイルを追加しました。
  • 1.187 (18.0.544) Distance from Border SOPのためのドキュメントとサンプル・ファイルを追加しました。
  • 1.185 (18.0.540) RizomUV processorSOPのためのドキュメントとサンプル・ファイルを追加しました。
  • 1.185 (18.0.540)  Cut Geometry to Partitions TOPSのためのドキュメントとサンプル・ファイルを追加しました。また、パラメータのスペルミスも修正しました。
  • 1.185 (18.0.540) Texel Density SOPのためのドキュメントとサンプル・ファイルを追加しました。
  • 1.185 (18.0.540) Filter by Value TOPのためのドキュメントとサンプル・ファイルを追加しました。
  • 1.185 (18.0.540) 2D WaveFunctionCollapse SOPのためのドキュメントとサンプル・ファイルとテストを追加しました。
  • 1.185 (18.0.540)  Pick and PlaceSOPのためのドキュメントとサンプル・ファイルとテストを追加しました。
  • 1.185 (18.0.540)  Grid Texture COPのためのドキュメントとサンプル・ファイルとテストを追加しました。 また、他のノードとの整合性を保つために、いくつかのパラメータの順序を変更しました。
  • 1.185 (18.0.540)  Attribute Value ReplaceSOPのためのドキュメントとサンプル・ファイルとテストを追加しました。
  • 1.185 (18.0.540) Houdini Expression Editorをv1.4.6に更新しました。CG Toolbox提供 - http://cgtoolbox.com/houdini-expression-editor [cgtoolbox.com]
  • 1.185 (18.0.540) MapsBakerはLabs PBR Shaderのベーキングに対応しました。
  • 1.185 (18.0.540) Pick and Placeツールに5度のステッピングオプションが追加されました。
  • 1.182 (18.0.533) Trim Texture Utility では、ID マップからトリム シートを生成できるようになりました。
  • 1.182 (18.0.533) Niagara RBD SplitとNiagara Impacts SOPは、プラグインのV2のために廃止されませんでした。たとえば、インパクトデータは、RBD SOPソルバーによって直接生成されるようになりました。
  • 1.182 (18.0.533) Extract Silhouette は、第 2 入力に接続された正射投影カメラのシルエットモードで適切な結果を生成するようになりました。
  • 1.180 (18.0.531) トレースが何かに当たった場合にレポートする代わりに、アルファマップに「UV Fill”」を使用させる機能が追加されました。 これは、有効なUVの場所を報告するアルファマップを取得する場合に便利です。 また、すべての非表示のラベルパラメータに名前を付けました
  • 1.179 (18.0.526) DemBonesを1.2.0に更新しました。このツールは、デフォルトでルートボーンを生成するようになりました。また、いくつかの新しいパラメータが追加されており、解決に多くの反復回数を必要とする複雑なシミュレーションでの解決時間を大幅に短縮する可能性があります。
  • 1.179 (18.0.526) Static Fracture Exportで、エクスポートするアトリビュートが存在しない場合にエラーが表示されるようになりました。また、パラメータフィールドに自動入力用のドロップダウンメニューを追加しました。これらは、ユーザビリティとUXの向上に役立つはずです。
  • 1.178 (18.0.524) DemBones SkinningConverterの実行ファイルを1.1.0に更新しました。

Bug Fixes

  • 1.187 (18.0.544) FBX エクスポートでスキニングが失われる原因となる SkinningConverterUtility の問題を修正しました。
  • 1.184 (18.0.537) MapsBaker で生成されたマップでの回帰を修正
  • 1.181 (18.0.532) Gaea Tor Processorで、centroidが原点を中心にしていない場合、ノードの出力が入力と一致しない問題を修正しました。
  • 1.180 (18.0.531) MapsBakerで、非常に大きなオブジェクト(ポリカウントではなくサイズ)をベイクするとHoudiniがクラッシュしてしまう問題を修正しました。
  • 1.180 (18.0.531) UVシームが見つからなかった場合、Detail Meshがエラーをスルーしていた問題を修正しました。
  • 1.180 (18.0.531) Gaea Tor Processorが地形にテクスチャを割り当てる方法を変更しました。これにより、HF Convertで正しく動作するようになりました。
  • 1.177 (18.0.524) GoZエクスポートを更新して、フェースの三角形分割をあまり積極的にしないようにしました

09 Jul 2020

New Tools

  • 1.172 (18.0.516) TEMP ディレクトリをロードするファイルブラウザを開くための open crashfile メニューオプションに機能を追加しました。最新のファイルとは関係のない別のファイルを探しているときに便利です。


Updates

  • 1.173 (18.0.521) Maps Baker のMikkTのノーマルベイクを修正
  • 1.172 (18.0.516) 「Open Crashfile」メニューオプションの2番目のプロンプトを削除しました。
  • 1.172 (18.0.516) Axis Alignノードを作成すると、代わりに "Match Size "ノードがドロップダウンされるようになりました。このノードは全く同じ機能を持っているため、ワークフローに影響を与えることはありません。このノードを使ってネットワークを生成しているPythonスクリプトがある場合は、それらがまだ動作することを確認してください。


Bug Fixes

  • 1.174 (18.0.521) Maps BakerでのUDIMのノーマルマップを修正
  • 1.173 (18.0.521) Exoside QuadRemesherの頂点カラーが正しく書き出されない問題を修正
  • 1.173 (18.0.521) Sine Wave SOPのオフセット問題の修正
  • 1.172 (18.0.516) 1,600万ポリゴン以上の高ポリゴンジオメトリでベイクするとノイズの多い結果になってしまうMapsBakerの制限を修正。1,946,157,056 ポリゴンまでのベイクは問題ないはずです。

25 Jun 2020

New Tools

  • 1.168 (18.0.506) ツールセットにRuler を追加しました。これは、ラボのシェルフメニューからアクセスできるノードレスのPython Stateです。これにより、ユーザーは現在表示されているSOPジオメトリ上のビューポートでインタラクティブな測定を行うことができます。
  • 1.165 (18.0.501) 新しいStart SOPは、簡単にスター形状を作成することができます。
  • 1.164 (18.0.500) Dem Bones Skinning ConverterをLabsに追加しました。Dem Bones Skinning Converterは、トポロジーを変更しない変形メッシュシーケンスをボーンベースのアニメーションに変換するEAのツールです。詳細は以下をご覧ください。 https://github.com/electronicarts/dem-bones [github.com]
  • 1.160 (18.0.495) Mesh Sharpenを追加しました。Mesh Sharpenツールは、メッシュ上の曲率に基づいてジオメトリをシャープにします。これは、メッシュ上のポイントをより高い曲率の領域に向かって押すことで、それらの領域を「シャープ」にします。このツールは Jake Riceさんからのコミュニティ投稿です - @TearsOfJake
  • 1.159 (18.0.494) HF Insert Maskを追加しました。このツールを使うと、2番目のHeightfieldからプライマリのHeightfieldにマスクを素早く挿入できます。


Updates

  • 1.169 (18.0.507) RulerツールがCtrl-Zで元に戻すことができるようになりました。
  • 1.168 (18.0.506) Pyro Preview ROPが非推奨となりました。デフォルトのビューポートシェーダがMantra Renderに近づき、このツールが不要になりました。いつものように、このツールを使っている/必要としている人には、このツールを利用することができます。非表示にしただけです。将来的には削除されるでしょう。
  • 1.163 (18.0.499) Texture Sheet ROPでコンポジット ビューを設定しようとしたときにコンポジット ビューが存在しない場合、メッセージが表示されます。
  • 1.163 (18.0.499) FBX Archive Import は、obj レベルに割り当てられたマテリアルを持つジオ ノードの階層を適切に処理するようになりました。


Bug Fixes

  • 1.169 (18.0.507) マテリアルのアサイン時にポップアップする Labs PBR Shader GLSL の警告を修正しました。
  • 1.169 (18.0.507) インストールパスに複数のドットやスペースがある場所にLabsがインストールされていた場合、Gaea Tor Processorが実行できない問題を修正 
  • 1.163 (18.0.499) 入力がネットワーク内にポストプロセス ノードを持つ場合、Texture Sheet ROP がNormalをレンダリングしないことがありました。Normalレンダリング用のマテリアル アトリビュートを削除しました。
  • 1.163 (18.0.499) Games Bakerは、何も選択されていない場合、組み込みチャンネルをスキップします。 カスタムチャンネルが選択されていない場合、ベーカーはレンダリング処理をスキップしてメッセージを表示します。
  • 1.163 (18.0.499) MapsBakerにハイポリ入力のtime dependencyを追加しました。
  • 1.163 (18.0.499) MapsBakerのオートクックが再び動作するようになりました。また、これを有効にするトグルをparmインターフェースのトップに移動し、"Bake "ボタンの名前を "Render "に変更しました。
  • 1.160 (18.0.495) RBD to FBX ROPの Isolate Group parm を修正しました。
  • 1.160 (18.0.495) QuickMat MatCap シェーダのデフォルトテクスチャパスが再び正しくなりました。

11 Jun 2020

New Tools

  • 1.157 (18.0.492) Group by Measureを追加しました。このツールは、測定されたプロパティに基づいてジオメトリをグループ化するための多くのオプションがあります。現在はプリミティブのEccentricity(直角度)に限定されています。
  • 1.157 (18.0.492) HF Combine Masksを追加しました。このツールを使うと、レイヤリングロジックを非常に簡単に行うことができ、便利なマスクを作成することができます。例:草レイヤー、水レイヤー、木レイヤー以外のすべてのレイヤーを単純なmultiparmで新規に作成します。複数のHFレイヤノードを作成する必要がなくなりました。


Updates

  • 1.159 (18.0.494) 4.24用のUnrealコンテンツプラグインを追加
  • 1.158 (18.0.493) RBD Fracture、Simple RBD、RBD Solver、RBD Directorが廃止予定になりました。これらのノードの機能はすべて新しいRBD Material Fractureノードなどに実装されているため、不要になりました。いつものように、ノードは後方互換性のために非表示状態ですが、将来のアップデートで削除されます。
  • 1.158 (18.0.493) VoxelMeshにオープンしたジオメトリを与えると警告が出るようになりました。
  • 1.158 (18.0.493) Niagara Interpolateは現在廃止要諦されているため、非表示になっています。現在はツールセットの一部であり、下位互換性を持つように既存のファイルで動作しますが、将来的には削除されます。
  • 1.157 (18.0.492) Vertex Animation Textures ROP のメジャーアップデートで、Unity パッケージに URP 用のシェーダグラフ マテリアルと Unreal 用のコンテンツ プラグインが含まれています。詳細はノードのドキュメントを参照してください。


Bug Fixes

  • 1.157 (18.0.492) Gaea Tor Processorのリグレッションで、parmインターフェースへの変更がグラフを再クックしない原因となっていた問題を修正しました。

05 Jun 2020

New Tools

  • 1.154 (18.0.481) FBX Archive Import SOPを追加しました。これは、File SOPと同様の機能を持つように構築されたSOPですが、マテリアル インポートをサポートしています。

Updates

  • 1.156 (18.0.485) Delete Small Partsがコンパイルされました
  • 1.156 (18.0.485) Gaea Tor ProcessorがGaea 1.2に対応しました。これは大きなアップデートです。ブリッジは、UIが刷新され、ユーザーがアクセス可能なプリセットシステム、r32マップIO、リマッピングの廃止、テクスチャのサポート、Bleeding Edgeビルドでの使用が可能になりました。これによりツールのバージョンが変更されたため、この機能を利用するには、既存のGaea Tor Processorインスタンスを新しいノードに置き換える必要があります。また、このツールは古いバージョンのGaeaには対応していませんが、その分古いバージョンのツールを使うことができます。
  • 1.154 (18.0.481) Auto UV SOPにGroup オプションを追加しました。
  • 1.154 (18.0.481) 外部 COP をSubstance Materialにリンクするオプションを追加し、これによりSubstance Materialが入力マップをサポートできるようになりました。
  • 1.154 (18.0.481) GoZのインポートとエクスポートはMacOSで動作します。
  • 1.154 (18.0.481) パースペクティブ投影カメラを使用しているときに非正方形の解像度を可能にする機能をMotion Vector ROPに追加しました。
  • 1.153 (18.0.479) 既存のコンテナを削除するために、static fracture export にパラメータを追加しました。
  • 1.153 (18.0.479) パイプのようなメッシュをより良く扱うために、内部リメッシュノードの解像度を上げる精度パラメータを追加しました。
  • 1.152 (18.0.475) Labsからビルドされたプラグインを削除

Bug Fixes

  • 1.156 (18.0.485) FBX Archive Import が適切にスキンメッシュのインポートをサポートするようになりました。
  • 1.156 (18.0.485) MatCapシェーダがビューポートで動作するようになりました。
  • 1.154 (18.0.481) Sweep Geometryを更新し、単純なケースをより良く処理できるようにしました。
  • 1.154 (18.0.481) Vertex Animation TextureROP が Unity 設定の初期化に失敗することがありました。
  • 1.153 (18.0.479)Distance From Bordersで Pythonエラーが発生していた問題を修正

22 May 2020
Updates

  • 1.151 (18.0.472) Vertex Animation TexturesのUnityエクスポートをクリーンアップしました。
  • 1.151 (18.0.472)Vertex Animation Texture ROP に URP パッケージと機能を追加しました。
  • 1.149 (18.0.467) HDKのバージョンバンプに合わせて、すべてのプラグインを最新版のHoudiniに再コンパイル
  • 1.149 (18.0.467) 最新のAPIバンプに対応したInstant Meshの再コンパイル
  • 1.149 (18.0.467) Vertex Animation Texture ROP 2.1。下位互換性のない複数の変更。


Bug Fixes

  • 1.151 (18.0.472) PhysicsPainterの開始フレームが1ではなく$RFSTARTになりました。
  • 1.149 (18.0.467) Wrangleの一つをpointではなくdetailにすることで、 Edge Group to Curveを最適化しました
  • 1.149 (18.0.467) Trim Texture の変更をクリアすると、ビューポートが適切にリセットされるようになりました。また、UV が自動的にVertexになるように促進され、ビューポートの問題を防ぎます。 Trim Texture Utilityでは、ストリップを自動的に初期化する機能も追加されました。
  • 1.149 (18.0.467) Vertex Animation Texture  ROP の流体境界が正しく設定されていませんでした。
  • 1.149 (18.0.467) Vertex Animation Texture ROPは、リジッドエクスポートを使用するとオフセットが作成されました。マテリアルも更新する必要があるので注意してください。

08 May 2020

New Tools

  • 1.143 (18.0.453) Magnus Larsson - @MagnusL3Dさんのコミュニティ貢献に感謝して、Triplanar Displace sopを追加しました。また、一致する色のテクスチャを投影する機能も追加しました。
  • 1.141 (18.0.449) TrimTextureツールを追加しました。このツールを使うと、トリムテクスチャに基づいたインタラクティブなUV編集が可能になります。
  • 1.136 (18.0.439) 完全に新しく更新されたNiagara ROPは、jsonファイルをエクスポートし、Houdini Niagaraデータインターフェイスに必要なアトリビュートの多くを自動化します。

Updates

  • 1.145 (18.0.457) Attribute Value Replaceで、リマップされていないすべての値をカスタム値に置き換えることができるようになりました。
  • 1.145 (18.0.457) Updated GameResでMapsBakerを使用するようになりました。 GameResのバージョンを上げたため、ツールの既にインスタンス化されたノードには影響しないことに注意してください。
  • 1.144 (18.0.454) Impostor Textureデモシーンが更新され、アニメーションのインポスターの最新の設定を使用できるようになりました。
  • 1.142 (18.0.451) Raphael Gadot - @vieux_rafioさんによるコミュニティ貢献のおかげで、Extract Silhouetteが等高線も抽出できるようになりました。また、2番目の入力に与えられた(ビュー)ポイントまたはオブジェクトに基づいてシルエット/輪郭を抽出する機能も追加されました。
  • 1.140 (18.0.448) Extract Silhouetteツールにシルエットの外側を削除する切り替えオプションを追加しました。
  • 1.138 (18.0.443) BoxCutterでは、ユーザーが操作可能なピボットを中心にコピーを回転させることができるようになりました。
  • 1.137 (18.0.440) External Text EditorのプラグインをCGTOOLBOXから1.3.3に更新しました。- https://cgtoolbox.com/ [cgtoolbox.com]
  • 1.137 (18.0.440) Building Generator Utilityは、ビルディング モジュールを作成したときに寸法パラメータを入力しないと警告を表示するようになりました。
  • 1.137 (18.0.440) WFCソルバーのビジュアライザーは、今すぐにでも利用できるようになりました。
  • 1.137 (18.0.440) WFC Initializeにカラービジュアライザーを追加しました。
  • 1.135 (18.0.437) ポイントをコピーするときに法線を再計算しないようにするオプションをDecal Projector に追加しました。
  • 1.133 (18.0.433) レガシーレンダラ用のVertex Animation Texture Unityシェーダを更新し、最新のVAT ROPで動作するようにしました。


Bug Fixes

  • 1.148 (18.0.460) Vertex Animation Textureデバッグ ビューで、最小値と最大値の境界が反転していました。
  • 1.147 (18.0.459) MapsBakerでは、再投影されたテクスチャに小さなオフセットが発生しなくなりました。
  • 1.145 (18.0.457) CalculateOcclusion のCd 出力の切り替えを修正しました。数回のリリースで誤って反転していました。
  • 1.145 (18.0.457) QuadRemesher にパス修正を追加しました。また、Paint SOPの代わりにAttribute Paintを取り込むようにツールを変更しました。
  • 1.145 (18.0.457) トップメニューバーと右クリックメニューに追加されるすべてのメニュー項目は、まだ存在しないHoudiniメニュー項目への参照の代わりにインデックスを使用します。
  • 1.144 (18.0.454) Camera_zoom の設定が間違っていたため、アニメーション Impostor Texture ROP で黒い画像がレンダリングされました。
  • 1.142 (18.0.451) Curve brancheCable generatorをY upにハードコードされないように更新しました。
  • 1.142 (18.0.451) snow buildupツールのアップ軸を公開しました
  • 1.138 (18.0.443) ROPの絶対参照によるMapsBaker Positionのベーキングエラーを修正しました・
  • 1.138 (18.0.443) カメラがPerspに設定されている場合、Motion Vector ROP が正しくない緑の値を返すことがありました。
  • 1.138 (18.0.443) Motion Vector ROPは、アトラスのレイアウトを間違える可能性がありました。
  • 1.136 (18.0.439) Motion Vector ROP 情報ラベルが不正な値を返していました。
  • 1.134 (18.0.435) Volumetric Overridesを使用すると、ファサードの正確な幅のピースが縮小されてしまうBuilding Generator のバグを修正。
  • 1.133 (18.0.433) Motion Vector ROPの最終アトラスは、行ごとに画像を変更したり、解像度を変更したりと一貫性がありませんでした。

10 Apr 2020
New Tools

  • 1.128 (18.0.423) Wang Tiles Sample sopWang Tiles Decoderを追加しました。これらのツールを使用すると、白黒画像をレベル生成に使用されるnameアトリビュートにデコードすることができます。また、/hipの例としてwang_tiles_demoscene.hipも提供しています。: http://www.cr31.co.uk/stagecast/wang/intro.html [www.cr31.co.uk]

Updates

  • 1.132 (18.0.432) SideFXLabs.jsonパッケージのサンプルをHoudiniのアップデートに合わせて更新しました。
  • 1.132 (18.0.432) MapsBakerのデモシーンを更新し、PDGをどのように使うかを示しました。
  • 1.131 (18.0.430) Attribute Value Replace sopにカスタムデフォルト値を設定する機能が追加されました。
  • 1.131 (18.0.430) Wang Tiles Decoderでは、Cdをどのチャンネルからサンプリングするかを指定できるようになりました
  • 1.131 (18.0.430) Dissolve Flat Edges を公開。Collinearity Threshold パラメータ。
  • 1.129 (18.0.424) Boxcutter - 形状を「描く」のではなく、その形状の1:1スケール版をカッターとして取得する機能を追加しました。Drawing Mode を "Input "に設定すると、この動作が得られます。プロンプトも明確になっており、ツールの使い方がわからなかったユーザーを支援しています。このツールには、ブールオプションとしてユニオンが追加され、ジオメトリを削除する代わりにジオメトリを追加することができるようになりました。
  • 1.129 (18.0.424) Alicevisionノードは、相対パスもサポートしている画像を選択するために内蔵のファイルブラウザを使用するようになりました。
  • 1.128 (18.0.423) Align And Distributeでは、ジオメトリを線ではなくグリッドでレイアウトするオプションが追加されました。大量のデータを見るのに便利です。

Bug Fixes

  • 1.130 (18.0.425) Vertex Animation Textureデバッグ ビューでは、位置テクスチャにアルファ チャンネルがあると、ソフト エクスポート メッシュが歪むことがありました。
  • 1.128 (18.0.423) Building Generatorスケーリングモジュール切り替えの復元。これにより、サイドロップ ジオメトリを生成するのではなく、ファサードに合わせてモジュールをスケーリングできるようになります。

30 Mar 2020

New Tools

  • 1.127 (18.0.419) sopsにHoudiniアイコンのテストジオメトリを追加した。
  • 1.127 (18.0.419) Road Generator (道路生成)ツールを追加しました。このツールは、通常はOSMデータから得られる入力曲線から道路形状を生成します。
  • 1.123 (18.0.411) Labs Attribute Value Replaceを追加しました。このツールは、多数のアトリビュートを扱う際のユーザーエクスペリエンスを向上させるためのアトリビュート文字列編集のラッパーです。このツールは、例えば以下のような場合に非常に便利です。現在ポイントに割り当てられているnameアトリビュートで unreal_instance や unity_instance アトリビュートを検索して設定することができます。これにより、Houdini EngineのAttribute Instancerのワークフローがより便利になります。

Updates

  • 1.126 (18.0.418) 別のWFCのサンプルファイルを追加しました。
  • 1.123 (18.0.411) Reality Capture SOPの再コンパイルと修正。

Bug Fixes

  • 1.124 (18.0.412) すべてのVertex Animation Textureのエクスポートに uv3 が追加され、デバッグ ビューで問題が発生していました。
  • 1.122 (18.0.410) Delete Small Partsで、Piece アトリビュートパラメータが再び動作するように修正しました。
  • 1.121 (18.0.409) Gaea Tor Processorは複雑なTORファイルのレイヤーを重複しないようになりました。

17 Mar 2020

New Tools

  • 1.117 (18.0.402) 「Filter by Value」TOPを追加しました。 これにより、特定のアトリビュート値でワークアイテムをフィルタリングできます。 さらに微調整するために、ウェッジのバリエーションをチェリー・ピッキングするのに便利です。
  • 1.115 (18.0.400) WFC Sample Paintが追加されました。これは、ジオメトリの「値」を視覚化しながら、WFCサンプルグリッドの値をインタラクティブに設定できるツールです。
  • 1.115 (18.0.400) WFC Initialize Gridを追加しました。 このHDAを使用すると、アトリビュートを気にすることなく、WFCに使用するグリッドを設定できます。 また、ユーザー制約を非常に簡単に設定できます。 WFCアイコンも更新されました。

Updates

  • 1.120 (18.0.406) Snow BuildupはVDBの解像度を公開しました。 これにより、ボクセル化をより詳細に制御できます。
  • 1.120 (18.0.406) PivotPainterでは、ユーザーがピボットアトリビュートを介してカスタムランダム値を渡すことができるようになりました。 ユーザーは、parmインターフェースを介して使用するアトリビュートを設定できます。
  • 1.120 (18.0.406) LayoutAutoUVを更新しました。UVLayout 3.0を使用し、クラッシュを防ぎます
  • 1.120 (18.0.406) オブジェクトカラーの維持をサポートするために、「Delight」SOPにライティングカラーコントロールを追加しました
  • 1.118 (18.0.403) 「rbd director」ノードにドキュメントを追加しました。
  • 1.117 (18.0.402) Motion Vector ROPにドキュメントを追加し、何もしていないため、開始と終了からインクリメントパラメータを削除しました。
  • 1.117 (18.0.402) WFCデモシーンを追加しました。

Bug Fixes

  • 1.120 (18.0.406) PivotPainterは、入力ジオメトリアトリビュートを保持します。 エラーを防ぐために、PivotPainterが生成するアトリビュートと衝突しないようにしてください。
  • 1.120 (18.0.406) 非文字列パラメーターを使用したHoudini外部エディター機能の問題を修正
  • 1.120 (18.0.406) ポート番号を更新し、正しいアセット名に更新することにより、GOZを修正
  • 1.120 (18.0.406) 「Occlusion SOP」の「Ramp」アトリビュートにより、ノードがレイを再計算しなくなりました。
  • 1.119 (18.0.405) PivotPainterはHoudiniをもはやFreezeすることはありません。
  • 1.117 (18.0.402) Volume Texture ROPはスライスとラインごとの画像は、最終解像度から分離されます。 Up Axisパラメータが再び機能します。
  • 1.116 (18.0.401)Splatterシミュレーションの開始フレームを公開し、既定値を1ではなく$ RFSTARTに設定します

28 Feb 2020

New Tools

  • 1.114 (18.0.391) 2D WaveFunctionCollapseをツールセットに追加しました。
    参照: https://github.com/mxgmn/WaveFunctionCollapse [github.com]
  • 1.113 (18.0.390) Box Cutter Toolを追加しました。 これは、ブールワークフローを中心にスピードと使いやすさに重点を置いた、ハードサーフェスモデリング用に設計されたインタラクティブなツールです。

Updates

  • 1.114 (18.0.391) BoxcutterのUndoをサポートを追加
  • 1.113 (18.0.390) BoxCutterの基本的なコピー機能のサポートを追加
  • 1.113 (18.0.390) オプションにBoxCutter Boolean Mode を追加しました。 これで、描画したシェイプを使用して減算または粉砕できます。

20 Feb 2020

New Tools

  • 1.103 (18.0.379) Splatter Toolを追加しました。 スプラッタシミュレーションをすばやく作成できます。 血、嘔吐、水しぶきに役立ちます。

Updates

  • 1.110 (18.0.387) TOPネットワークで「Vertex Animation Textures ROP」を使用した場合、出力を正しく報告します。
  • 1.104 (18.0.380) Instant Meshes SOPを再コンパイルして、最新のHoudiniでクラッシュしないようにしました
  • 1.104 (18.0.380) Texture Sheets ROPは、レンダリング元のカメラが見つからない場合にエラーをだすようにしました。
  • 1.101 (18.0.377) VATデータを保存するためにuv2がすでに存在する場合、Vertex Animation Textureはuv3を使用します。


Bug Fixes

  • 1.110 (18.0.387) MapsBakerのいくつかの回帰を修正しました。 ポジションマップは再び正規化され、Normalmapには適切なY値があり、Normalmapの転送も正しくなりました。 また、UV.zコンポーネントを平坦化して、おかしなテクスチャルックアップを防ぎます。
  • 1.110 (18.0.387) ツールが0-0.999の代わりに完全な0-1UVを持つジオメトリのUDIMを処理していると考える原因となる「MapsBaker」の問題を修正しました。
  • 1.103 (18.0.379) Axis Alignのwrangleの精度を64ビットに設定します。 これは、非常に大きなジオメトリに役立つはずです。 (OSMデータと同様)

04 Feb 2020

New Tools

  • 1.88 (18.0.364) Split Primitives by Normalの追加。 このツールを使用すると、特定の軸の法線に基づいてジオメトリを非常にすばやく分割できます。 例:+ Y、-Y、またはその両方に面するすべてのプリミティブを抽出します。 モデリング操作に役立ちます。
  • 1.87 (18.0.363) ROPコンテキストに「XYZ Pointcloud」エクスポーターを追加しました。 ポイントクラウドをUE4またはMeshlabにエクスポートするのに便利です。
  • 1.81 (18.0.357) 「lightning 」SOPは、2点間に稲妻の弧線を生成します。
  • Labsに最初のTOPノードを追加しました! [Cut Geometry to Partitions]では、Topジオメトリをparmインターフェイスで指定されたXYZピースに分割できます。 小さいチャンクで大きなジオメトリを処理する場合に役立ちます。


Updates

  • 1.91 (18.0.367) MapsBakerは現在、PDGと完全に互換性があります。 TOP Fetchから指定するだけで機能します。 クックが完了すると、生成されたテクスチャも自動的に報告されます。
  • 1.91 (18.0.367) 最新のHoudiniデイリービルドに対して「Substance Plugin」を再コンパイル
  • 1.88 (18.0.364) 「OBJ + MTL Importer」は、サブディレクトリの参照ファイルもスキャンするようになりました。 つまり、すべてのファイルをルートフォルダーに置く代わりに、「テクスチャ」フォルダーを作成できるようになりました。
  • 1.84 (18.0.360) Substance SOPでbaseColorの使用のサポートが追加
  • 1.87 (18.0.363) ヘッダー行のエクスポートを無効化、カスタムデータで置き換え機能が「csv exporter」に追加
  • 1.84 (18.0.360) MultiFile SOPでnameアトリビュートを設定しない機能を追加
  • 1.82 (18.0.358) 「Multifile」ツールにbgeoおよびbgeo.scのサポートを追加

Bug Fixes

  • 1.91 (18.0.367) SkinningConverterは、入力データを自動的にジオメトリに変換します。 これにより、ユーザーが誤ってpolysoup /その他のデータをプラグインし、ツールが機能しないと仮定するケースが解決されます。
  • 1.88 (18.0.364) PhysicsPainter のpre-sim detanglement collisionを凹ソルブに設定します。 これにより、パフォーマンスがわずかに低下しますが、はるかに優れた結果が得られます。 (シミュレーション自体には影響せず、描画オブジェクトの生成位置にのみ影響します)
  • 1.88 (18.0.364) Group Curve Cornersは、曲線/形状の方向に関係なく機能するようになりました。
  • 1.84 (18.0.360) Lot Subdivision SOPの表示名を修正。
  • 1.81 (18.0.357) Texture Sheets ROPは、Mantra ROPが接続されたときにレンダリング設定を更新するようになりました。

17 Jan 2020

New Tools

  • 1.65 (18.0.341) -アセットメニューの下に新しいメニューオプションが追加され、シーン内のすべてのLabsノードで古いインスタンスがないかチェックされます。 既にインストールされているツールセットのリリースで新しいバージョンのツールが利用できる場合。 (mapsbaker :: 1.0 vs mapsbaker :: 2.0)。Assets>Check Asset Versions in Scene

Updates

  • 1.75 (18.0.351) - Multi Bounding Box sopでバウンディングボックスを作成せず、ジオメトリをスライスのみのサポートを追加
  • 1.74 (18.0.350) - GaeaTorProcessorは、Houdini 18.0.350の時点でカスタム作業を行うことなく、Top Fetchと完全に互換性があります。
  • 1.69 (18.0.345) - SkinningConverterには、nameアトリビュートが一致する特定のボーンを持つピースを重み付けするオプションがあります。これは、Connectivityが同様の目的で使用されていた以前のバージョンからの変更です。代わりにnameを使用すると、より堅牢になり、ユーザーによる指定を可能にします。 ユースケースの例は、RBDシミュレーションのエクスポートです。
  • 1.67 (18.0.343) -「Substance COP」をいくつかの新機能で更新しました。
    - ブレンドが入力で適切に機能しない問題を修正しました.
    - 同じラベルの入力が競合する問題を修正しました。
    - 開いている3Dビューポートがない場合、Pythonコールバックが失敗する問題を修正しました。
    - グラフのドロップダウンが適切に設定できない問題を修正
  • 1.66 (18.0.342) - Gaea Tor Processorは現在、GaeaとHoudiniの間でデータを交換するためのファイル形式としてTIFを使用しています。 また、Gaeaのエクスポート解像度のいくつかのマイナーなバグを修正しました。 これで、2048ではなく、2の最も近い解像度にパディングされます。これにより、2048ではなく1024でデフォルトのHeightfield(1000x1000)プロセスが処理され、はるかに高速になります。 また、出荷されたプリセットを更新して、新しいGaeaバージョンで動作するようにしました。 これにより、ツールのバージョンがバンプされたため、Gaeaツールの既にインスタンス化されたノードを再作成するか、タイプを変更する必要があります。
  • 1.61 (18.0.337) - ユーザーがThicken SOPのワークフローの次のステップとして一般的に削除することを確認した後、Dissolve Middle Edgeオプションを追加しました。

Bug Fixes

  • 1.69 (18.0.345) - RC Texture SOPのクックエラーを修正
  • 1.65 (18.0.341) - building_levelsアトリビュートを使用するようにOSM Building Nodeを修正

20 Dec 2019

Updates

  • 1.40 (18.0.316) -Maps Bakerに、頂点カラーとDiffuseチャンネルのガンマを制御するオプションを追加。また、有効な場合は法線マップおよびその他のマテリアルマップを適切にプレビューするオプションも追加。
  • 1.40 (18.0.316) - Maps Bakerへのケージベイク機能の追加、およびベイク距離の視覚化
  • 1.39 (18.0.315) - シェルフツールは、Vertex Animation Texturesアセットの最新バージョンを作成
  • 1.37 (18.0.313) - Mantra op参照で適切に動作するようにSubstance Material を更新
  • 1.34 (18.0.310) - 現在、SkinningConverterでは、接続されていないジオメトリの断片を個別に重み付けすることができます。 これは、たとえば布片を引き裂く場合に非常に良い結果をもたらします。 この目的のために、「Use Mesh Connectivity for Weighting」と呼ばれる新しい切り替えが追加されました。

Bug Fixes

  • 1.38 (18.0.314) - ViewportMeasureToolの描画問題を修正。 18で再び機能します。

06 Dec 2019

New Tools

  • 1.33 - Export UV Wireframe SOPを追加しました。 このツールを使用すると、UVのワイヤフレームレンダーをエクスポートできます。これはテクスチャリングに役立ちます。
  • 1.31 -H18起動イベントで表示されるQuick Tree HDA を追加しました

Updates

  • 1.32 -PivotPainter のデモシーンを修正しました
  • 1.33 - [Calculate Occlusion]にて、コーン角度を以前の90から180に変更できます。

Bug Fixes

  • 1.34 - Vertex Animation Textureの流体とsoft でエクスポートされた法線が正しく計算されませんでした。 UE4でメッシュを回転し、正しい法線/照明情報を維持する機能を追加しました。
  • 1.32 - labutilsの代わりにgamedevutilsモジュールを使用しているすべてのノードを修正しました
  • 1.31 - 「Open Crashfile 」メニュースクリプトの問題を修正しました。
  • 1.30 - Labsに正しく移植されなかったRizom nodesの修正しました。
  • 1.27 - 内部ドキュメントの残りを修正しました。
  • 1.27 - 実際のヘルプファイルと競合するテンプレートヘルプファイルを削除しました。

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ