Created on | Updated on

Substance Painterシステム要件

このページでは、システム要件とハードウェアの互換性に関する情報をまとめています。

サポートされているオペレーティングシステム

オペレーティングシステム 最小必要システム 推奨システム
Windows
  • Version : Windows 8 (64bit)
  • Memory : 8GB RAM
  • Graphics : 2GB VRAM
  • Version : Windows 10 (64bit)
  • Memory : 16GB RAM
  • Graphics : 4GB VRAM
Mac OS
  • Version : 10.12 (Sierra)
  • Memory : 8GB RAM
  • Graphics : 2GB VRAM
  • Version : 10.15 (Catalina)
  • Memory : 16GB RAM
  • Graphics : 4GB VRAM
Linux
  • Version : CentOS 7.0 / Ubuntu 16.04 (Steam only)
  • Memory : 8GB RAM
  • Graphics : 2GB VRAM
  • Version : CentOS 7.6 / Ubuntu 18.04 (Steam only)
  • Memory : 16GB RAM
  • Graphics : 4GB VRAM
  • 快適な環境で作業するためには、1メガピクセル以上の解像度を持ち、1280ピクセルよりも広いモニターをお勧めします。
  • 8K(8192*8192ピクセル)での書き出しには、2GB以上のVRamを搭載したGPUが必要です。
  • MacOS 10.15で動作させるためには、2019.x以上のバージョンのみが公証されています。
  • CentOS 7.5以上の場合:ライブラリ依存の問題があるため、アプリケーションが起動しない場合があります (FT_Get_Font_Format エラー)。
  • RDP(リモートデスクトップ)で使用する場合は、専用のドキュメントページを参照してください。
  • Ryzen CPUでベーキング時にクラッシュする場合、BIOSをアップデートすることで直ります。

サポートされているGPU

以下、アプリケーションに対応したGPUモデルの一覧です。

  • NVIDIA GeForce GTX 900 以上
  • NVIDIA Quadro M2000 以上
  • AMD Radeon HD 7700, R7 260, R9 290 以上
  • AMD Radeon Pro WX-2000 / Pro Duo 以上
  • AMD FirePro W5000 以上

AMD VEGA GPUでは、まれに計算フリーズが発生することがあります。

サポートされていないGPU構成

  • Mac:
    • Appleの公式設定のみサポートされています。
    • Nvidia IrayレンダラーはGPUを使用するためにCUDAドライバが必要です。
    • eGPUは現在サポートされておらず、安定性に問題がある可能性があります。
  • Linux:
    • Linux 上の Mesa ドライバはサポートされていません。
  • 統合GPUはサポートされていません。アプリケーションはIntel HD 6000やIRis Pro 6200以上のようなGPUで実行できるかもしれませんが、多くの問題が発生する可能性があります。

最低限のGPUドライバーのバージョン

以下は、アプリケーションを問題なく動作させるために必要なGPUドライバの最小バージョンのリストです。このリストは、新しいバージョンのリリースに合わせて変更される可能性があります。

ベンダー プラットフォーム バージョン
Nvidia Windows
  • GeForce : 430.86
  • Quadro : 430.86
Linux
  • GeForce : 410.73
  • Quadro : 410.73
AMD Windows / Linux
  • Radeon : 19.7.1
  • Radeon Pro / Firepro : 18.Q4
Intel Windows / Linux
  • All : 15.33

Mac OSでは、GPUドライバはオペレーティングシステム自体によって提供されています。最新のドライバにアクセスするには、お使いのOSの最新バージョンにアップデートしてください。

ドライバーの互換性の問題

以下は、アプリケーションがクラッシュしたり、問題が発生する可能性のあるGPUドライバのバージョンのリストです。

ベンダー バージョン 問題
Nvidia 425.xx GPUレイトレーシングのアーティファクト。
429.xxより古いバージョン 黒いテクスチャブロックのアーチファクト。
435.xxより古いバージョン テクスチャを計算する際のsRGBカラーの問題。
439.xx テクスチャの破損。
441.08 衝突や安定性の問題。
442.19 衝突や安定性の問題。

ベーキングのためのGPUレイトレーシング

Optix または DXR を介して GPU レイトレースを有効にするには、上記推奨ドライバーの最小値をインストールする必要があります。

DXRでは、以下のような最低限の構成が必要です。

  • Windows 10 バージョン 1809 (ビルド番号 10.0.17763) の詳細については、このページを参照してください。
  • Pascalアーキテクチャを採用したGPU(Nvidia GeForce 10XX)

GPUレイトレーシングは、NVIDIA GeForce RTXやNVIDIA Quadro RTX GPUなどの専用レイトレーシングハードウェア上で最適に動作します。

対応グラフィックタブレット

以下は、Substance Painter バージョン 2019.3.3 でテストした互換性のあるグラフィックタブレットのリストです。

ベンダー モデル プラットフォーム ドライババージョン
Wacom Intuos Pro MEDIUM Size Windows 6.3.38-2
Intuos S Size Mac OS 6.3.38-3

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ