Created on | Updated on

オートデスク ソフトウェアのライセンスを変更またはリセットする方法(2020以降)

原因:

  • ライセンスの種類を変更したのに、ソフトウェアでライセンス設定を変更していない。たとえば、永久ライセンスからサブスクリプション ライセンスに切り替えた可能性があります。または、シングルユーザー(スタンドアロン)ライセンスからマルチユーザー(ネットワーク)ライセンスに変更した可能性があります。
  • サブスクリプションの契約期間が終了した。 以前のサブスクリプションを自動更新せずに、新たにサブスクリプションメンバーになることが必要な場合があります。
  • ソフトウェアを試用モードで使用した後、別の電子メールアドレスを使用してサブスクリプションを購入した。
  • サブスクリプションの購入に使用したものとは異なる電子メール アドレスで Autodesk デスクトップ アプリにサインインした。

ソフトウェアが起動したら

ライセンス マネージャを使用してライセンスの種類をリセットするには、次のワークフローを実行します。無償体験版ライセンスの有効期限が切れている場合は、[体験版の期限が切れました]ダイアログ ボックスの下部にある[ライセンス所有済み]をクリックします。

  1. オートデスク ソフトウェアを起動します。
  2. 右上のユーザ名の横にある三角形をクリックします。
  3. [ライセンスを管理]を選択します。
  4. [ライセンス マネージャ]ダイアログ ボックスで、[ライセンスの種類を管理]をクリックします。[それでは始めましょう]画面が表示されます。
  5. ライセンスの種類を選択します。

ソフトウェアが起動しない場合

Autodesk Licensing Installer Helper ツール(AdskLicensingInstHelper)を使用します。
 

始める前に: Autodesk デスクトップ アプリまたはオートデスクのクラウドベース サービスにサインインしている場合は、サインアウトしてください。次の場所にある LoginState.xml ファイルを削除して、ログイン ステータスをクリアします。
  • Windows: %localappdata%\Autodesk\Web Services\LoginState.xml (ヒント:タスク マネージャーで、[詳細]タブを選択します。AdSSO サービスが実行されている場合は、[タスクの終了]をクリックし、LoginState.xml ファイルを削除します。)
  • macOS: ~/Library/Application Support/Autodesk/Web\ Services/LoginState.xml
  • Linux: ~/.local/share/Autodesk/Web Services/LoginState.xml
  1. Windows でコマンド プロンプトを開くか(管理者として実行)、macOS または Linux でターミナルを開きます。
  2. フォルダを AdskLicensingInstHelper に変更するには、次のコマンドを実行します。
    • Windows: cd %CommonProgramFiles(x86)%\Autodesk Shared\AdskLicensing\Current\helper\
    • macOS: cd /Library/Application Support/Autodesk/AdskLicensing/Current/helper/
    • Linux: cd /opt/Autodesk/AdskLicensing/2020/helper/
  3. コマンド ラインで、次のコマンドを実行します。
    • Windows: AdskLicensingInstHelper change -pk 2020_product_key -pv 2020.0.0.F -lm ""
    • Mac/Linux: sudo  AdskLicensingInstHelper change -pk 2020_product_key -pv 2020.0.0.F -lm
注: 2020 プロダクト キーのリストを参照してください。
  1. 2020 リリースのオートデスク ソフトウェアを起動します。 [それでは始めましょう]画面で、適切なライセンスの種類を選択します。

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ