Created on | Updated on

658個のものアトラス:Substance Sourceは、ハイブリッドスキャンされたオブジェクトを含む新しいカテゴリを導入!

茶色と緑の世界に足を踏み入れてください。 Subsntace SourceはNatureという658個のハイブリッドアトラスと85個のプロシージャルスキャンを含む大規模なリリースを手に入れました。

atlas_header_03.jpg

このリリースでは、Substanceチームはキャプチャ、最適化、カスタマイズの専門知識を提供します。 その結果、マテリアルに素晴らしい品質が保証され、さらにアトラスのパラメーターにより無限の可能性が保証されます。

ご存知の通り、チームは求められていること以上の何かを嬉々として追加します。 本日、みなさんが目にしているのは、チームやパートナーが街や畑で見つけたものを数ヶ月かけて拾い上げた結果です:小枝、石、葉、たばこの吸い殻の継続的なコレクションです。みなさんのコンテンツです!

環境アーティスト:オンデマンドで複雑な根拠を作成します。
建築ビジュアライゼーションの専門家:季節に応じて屋外シーンをステージングします。
悪の黒幕:黙示録的な最高の風景をリアルに計画します。

これらのアセットを最大限に活用するには、 Substance Alchemistにインポートします。あらゆる種類の環境で作品を移動させることができます。 そして、これはほんの始まりにすぎません!

これ以上言葉で説明することはやめて、今日のすばらしいコレクションを見てみましょう。

herbier_03.jpg

ここで紹介されたすべての単一アトラスは50個の無料アトラスセットの一部です。

mceclip0.png

チームは、専用の機能を使用して(つまりSubtance Alchemistで動作するように)、これらのアトラスが完全に適合していることを確認しましたこれらの3つの異なるマテリアルで実際の動作をご覧ください。

mceclip1.png

アトラスは、テクスチャ全体に散布後、追加のディテールとリアリズムをもたらすのに役立ちます。または、単にマテリアルにランダムなバリエーションをもたらします。

両方の長所:スキャンの精度+パラメトリッククリエイティブの自由

アトラスの作成はテクニカルプロセスです。 測光の専門家は、要素をキャプチャし、それらをクリーンアップし、ボードを生成します。

ハイブリッドスキャンは、キャプチャされた単純な要素ではありませえn。Sourceチームではよくあることですが、さらに一歩進んで、変更可能なパラメーターを追加し、プロジェクト全体で1つのマテリアルを使用できるように設計しました。したがって、1つのアトラスは単なる1アトラスではなく、数十の利用可能なバリエーションを網羅しています。

これは、追加した1700以上のプリセットを考慮すると、658のアトラスが実際に無限の可能性を表していることを意味します。

ダウンロードの正確な可能性を知る

Substance Sourceでアトラスをダウンロードすると、最大4Kの解像度で.sbsarファイルにアクセスできます。 アトラスの正確な可能性を知るために、いくつかのビューを使用できます。 グリッドビューでは、グリッド上の要素を確認して読みやすくすることができます。

自動クロップおよびスケールパラメータのおかげで、ボードの各要素を個別に表示でき、アトラスの各部分をよりよく見ることができます。

スプラッタモードは、テクスチャ空間全体に要素を分散します。躊躇せずパラメータを変えてみましょう!数量、密度、回転などのパラメータを制御して、選択した要素をマテリアル表面全体に分散できます。これは、「静物画」で才能を磨いたり、幼稚園の砂場探検の日々を思い出したりする素晴らしい機会を提供します。

85個のスキャンベースのマテリアルを使用して独自のレシピを作成する

アトラスをばらまく素晴らしい地面はどうしますか?

screenshot021.jpg

family_portrait_scan.jpg

繰り返しますが、ハイブリッドスキャン用Substanceプロセス通りに進めました:ハイエンドスキャン(ここでは社内の専門家が作成)と、微細な最適化、さらにパラメータの追加などが加えられています。 この場合、マテリアルの色とラフネスを微調整できます。

今日のスキャンは、究極の環境を作成するのに役立つ3つの主要なカテゴリにまとめられています。森林、山/火山、および都市部です。

mceclip0.png

クリエイティブな組み合わせを作る無限のゲーム

Substance Alchemistの内部では、Substanceの真価が発揮されます。マテリアルを混合し、これらの結果全体にアトラスをばらまき、プロシージャルフィルターを重ね合わせます。

  可能な組み合わせとバリエーションには限界がありません。

全体として、これらの定性的および定量的スキャンとSubstance Alchemistの強力な関連付けにより、本当の魔法かのように驚異的な環境を作成することができます。

ユーザーが必要になるかもしれないあらゆるニーズに応えるために、マテリアルをどのように使いたいかをユーザーが選ぶことができます: マテリアルのすべての個別要素を完全に制御したい場合は、ぜひやってみてください!Substance Sourceから必要なものをすべてダウンロードし、Substance Alchemistで開きます。 独自のスタイルを作りましょう。

しかし、プロジェクトが遅れていたら?スキャンとアトラスを自分でブレンドする時間がないかもしれません。そんな時は、Sourceチームがサポートします!要素を組み合わせたマテリアルのプリセットは現在準備中で、もうまもなくSubstance Source内に追加されます。私たちはBiomesと呼んでおり、もう間もなく確認できるはずです。ご注目ください!

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ