Created on | Updated on

ペイントと自動UVの改善:Painterはみなさんを愛しています!

原文 https://magazine.substance3d.com/improved-painting-and-automatic-uvs-we-love-the-painter-in-you

今年のホリデーシーズン、Substance Painterは多くの面でゲームチェンジャーなアップデートを入手しました。 強化されたハンドペイントから自動UVアンラッピングまで、我々の長期プロジェクトの多くは、休暇の直前にようやく成果を上げました。

また、UDIMに関する素晴らしいニュースもあります:ベータ版が近づいています! しかし、最初に、今日のSubstance Painterの内容から始めましょう。

ペイント体験 -–改善されました!

お待たせいたしました! Photoshopチームのちょっとした手助けをうけ、刷新されたPainterブラシエンジンを提供できることを嬉しく思います。

PhotoshopブラシをSubstance Painterでネイティブにサポート

ABRブラシライブラリの埃をはたいて、シェルフにロードする時間です!

painter_photoshop.jpg

たとえブラシをお持ちではない場合でも、心配しないでください。Adobeには、Photoshopの購読者向けに何千もの既製のブラシが用意されています。 それらをお試しください!

ABRサポートは、Substance Painterの初期段階にあります。 私たちは常に品質を目指しています。フィードバックを送信して品質を向上させてください。

拡張されたブラシ設定による新しい可能性

ABRブラシを最大限に活用できるように、ブラシエンジンをさらに開発しました。 このような拡張設定は時間とともに増えていく予定でセ。 初期段階では、最小サイズ、最小フロー、真円度などの設定の大きなバッチがあります。

現在、すべてのABR形式の設定をすべてサポートしているわけではありませんが、不足している部分を徐々に追加し続け、新しいリリースごとにブラシエンジンの汎用性を高めていきます。

新しい不透明度ブレンドモードの導入

アセットをハンドペイントするときに、不透明度の蓄積に関して改善が求められていました。 本日、お届けします!

新しい不透明度ブレンド設定では、従来の不透明度ブレンドと新しい最大ブレンドモードのいずれかを選択します。 これは、Photoshopでのペイントに期待するものを簡単に模倣できることを意味します。

タブレットユーザーの飛躍

例外もあるものの一般的には、あなたのペイント体験はよりよいものになるでしょう。 改善点の1つは、より滑らかなストロークに関するものです。ペンまたはスタイラスを使用する場合、筆圧の感度はより滑らかな曲線になります。

改善されたブラシプレビュー

複雑なディテールや正確なストロークをペイントしようとすると、ブラシのアルファが邪魔になることがありました。 スタンプの中央ビューをクリアにする、ライトブラシプレビューを選択できるようになりました。 カーソルプレビューオプションは次のとおりです。

mceclip0.png

UVを心配しなくてもよかったら?

しばらくの間、UVアンラッピングを単純化したいと考えていました。退屈で、芸術的な価値をアセットに追加することはありませんし、永遠に思える時間がかかることもあります。

私たちの取り組みは、2016年に小規模ながらも強力なプロジェクトとして始まりました。少しずつ、ツールが形になり始め、ついに2018年にSIGGRAPHで初めて発表する準備が整いました。今日、多いに自信を持って、Substance Painter内でUVアンラッピングツールを紹介できます!

painter_anorigami_screenshot.jpg

この新しいアップデートでベータ版で利用可能な自動UVアンラッピングへ飛び込んでください。 このツールは、UV座標を持たない3Dモデルをインポートすると、自動的にUVを継ぎ合わせ、展開、パックします。 実際にご覧ください:

我々はあなたの手にこの機能を渡せることを正直に非常に興奮しています! お持ちのすべてのモデルで試してみてください。フィードバックを共有することを忘れないでください。 あなたの助けを借りて、機能はさらに良くなるはずです!

ここでは、Jarlan Perezの素晴らしいロボットで自動UVアンラッピングを実演します。

新しいペイントローラーストロークによる滑らかな曲線

長らく必要とされていた機能は、アルファ、パターン、またはマテリアルを曲線やストロークに沿ってスムーズに追従させる機能でした。 ペイントローラーは、ステッチ、トリム、折り目、パイプ、その他のあらゆる種類の曲線状の器具のニーズに応えます。

Zinan Liuに感謝します。ZinanLiuは、「ロールブラシ」を微調整して出荷してくれました。

 

新しいフィルターとダイナミックブラシ

アーティストチームは、新しい楽しいおもちゃの開発にも熱心に取り組んでいます。 以下は、この新しいリリースでシェルフに追加されたものです。

写真を油絵に変換

MatFx Oil Paintingフィルターを使用すると、さまざまなクラシックペイントスタイルをテクスチャに適用できます。 乾燥したオイルペイントにひびが入ったものや塗料の蓄積からブラシストロークまで。

このフィルターは、Substance Insanity Awardを受賞したEmrecan Cubukcuの創作に着想を得ています。 ありがとうございました!

その他のコンテンツ!

新しい水彩フィルター、コミックエフェクトフィルター、チャコールダイナミックブラシなどをご覧ください!

UXの改善:スライダーの一貫性

Substance Painterのスライダーは、カスタムステッピング、精度の向上、ソフトレンジなど、Substance Designerでお楽しみいただけるすべての機能をサポートするようになりました。

詳細が必要ですか? Substance Painterリリースの変更ログの全文はこちらをご覧ください。

 

UVタイル全体にペイント:もうまもなく!

私たちはしばらくの間「間もなく」来ると言ってきましたが、UDIM(またはUVタイルと呼ばれる)での作業は真剣に進歩しました! これで、ベイク、ペイント、スマートマテリアルまたはエフェクトの適用、さらに複数のUVにパーティクルを投げることができます。

パフォーマンスを常に最大に保ち、非常に大きなアセットでの作業を容易にするために、新しいタイルマスクが導入されました。 これらのUVタイルに関連するいくつかのUIコンポーネントはまだ進行中ですが、それを皆さんと共有したいと考えていました(ここではJason Huangのクールなロボットと)

painter_udim_screenshot.jpg

この機能はまだ初期段階であるため、最初の500人の申請者に個別のベータビルドで提供することにしました。 このフォームに入力するだけで、新しい「Substance Painter Beta」製品がアカウントのライセンスページに表示され、ダウンロードできる状態になります。 スポットは最初は限られているため、UDIMを試してみたい場合は急いでください!

ベータに登録

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ