Created on | Updated on

SideFXLabsのインストールに関して(Houdini18以降)

公式Webサイト

インストール

SideFX Labsツールセットは、Houdiniの内部から直接インストールするか(Houdini 18.0以降が必要)、パッケージシステムを使用して手動でインストールできます。

方法1(推奨):

Houdini 18.0以降のビルトインアップデーターを使用して、ツールセットのバージョンをインストールします。 アップデータはSideFX Labsシェルフにあります。

アップデータは、ニーズ/制限に応じてインストールのいくつかのオプションを提供します。

  1. インターネットにアクセスできない場合、アップデーターを使用すると、ツールセットのローカルバージョンをインストールできます。 このローカルバージョンは、アップデーターを実行しているHoudiniのバージョンに関連付けられています。 (Ex Houdini 18.0.274は274のツールセットをインストールします)新しいバージョンを入手するには、Houdiniの最新バージョンが必要です。

  2. インターネットアクセスが必要です。 Githubからプロダクションビルドをダウンロードします。 プロダクションビルドは4週間ごとにリリースされます。 このタイプのビルドには、ツールセットへの最先端の追加は含まれませんが、リリース前にDevelopmentビルドよりも多くの実稼働テストが行われます。 (これらのビルドは、このリポジトリのリリースセクションにあり、「リリース」とマークされています)

  3. インターネットアクセスが必要です。 Githubから開発ビルドをダウンロードします。 開発ビルドは24時間ごとにリリースされます。 これらのビルドには、前日に実装されたバグ修正が含まれます。 これらのタイプのビルドにアクセスするには、アップデーターの「Production Builds Only」チェックボックスをオフにします。

 

方法2:Githubから手動でダウンロードする

 

  1. 緑色のCloneまたはDownloadドボタンを使用してリポジトリをダウンロードし、選択したフォルダーにコンテンツを解凍します。

  2. SideFXLabs.jsonファイルを手順1で使用した場所から$ HOME / Houdini18.0 / packagesにコピーし、手順1で選択した場所に一致するように含まれるパスを変更します.  Packagesの情報に関して

(方法2の実際の手順)

Houdini18よりGameDev ToolがSideFXLabsに代わり、自動インストール場所も変更されました。

SideFXLabsシェルにあるUpdate Toolsetボタンをクリックすると

mceclip0.png

これまでは

マイドキュメント\Houdiniバージョン\Houdini.env

に、GameDevツールのインストールディレクトリが追加されておりました。

Houdini18より、このボタンを押してSideFXLabsを追加した場合

マイドキュメント\houdini18.0\packagesにSideFXLabs.jsonが追加され、この中にSideFXLabsツールセットディレクトリへのパスが記載されます。

Githubから直接SideFXLabsツールをダウンロードして、.zipを回答するとその中にもSideFXLabs.jsonファイルが含まれています。

SideFXLabs.jsonをテキストエディタで開き、赤線部分をツールを設定した場所に置き換えます。

mceclip1.png

参考例

mceclip2.png

変更後、

マイドキュメント\houdini18.0\packages

に保存します。

その後、Houdini18を起動するとシェルフにアイコンが追加され、使用できるようになりました。

mceclip3.png

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ