Created on | Updated on

UE5でVAT 3.0用のVAT流体シェーダーが正しく動作しない。

一旦Unrealを再起動し、結果をご確認ください。

再起動しても、望ましくない小さなちらつきが見られる場合があります(UE5では発生します)。これは、UE5では、WPOがTimeノードで駆動される場合、デフォルトでモーションブラーがオンになっているためです。また、DRモードは自動モーションブラーをサポートしておらず、カスタムモーションブラーのみをサポートしています。この問題を回避するには、パラメータ駆動型の再生方法 (完全ガイド パート 1 で説明) を使用します。

詳細は下記に資料にあるVAT3.0: Instancing, Mesh Particles and Legacy Parameters.をご確認ください。

※データのダウンロードにはボーンデジタルHoudiniユーザー向けパスワードが必要です。
フォルダにアクセス後、「202108VAT3」フォルダから資料をダウンロードしてください。

資料のVAT3.0 Playback(Unreal)にあるパラメーター駆動型の設定方法をご確認ください。

https://www.dropbox.com/sh/a11i6bhaqeyft38/AACr-bOQLk0U_E2AvhyXyEzma?dl=0d

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

※ 問い合わせ対応はBorn Digitalより製品をご購入頂きましたお客様のみのサービスとなります。ご了承下さい。
サポート問い合わせ