Created on | Updated on
フォローする

Houdini Game Dev Toolの更新情報

 

Game Dev Toolの更新情報最新はこちら
https://www.sidefx.com/forum/topic/56685/

 

21 Jan 2019 - Release 1.11

New Tools

  • GameDev Group Curve Cornersを追加。凹面に基づきカーブの内側と外側のポイントを簡単にグループ化することが可能です。
  • GameDev Calculate Slopeを追加。このツールは、「Calculate Occlusion 」および「Measure Curvature」と同じように機能します、さらにメッシュ法線に基づいてポリゴンの傾きを出力します。


Updates

  • 何がエクスポートされるのか、CSV Exporterのマルチパラメーターに基づいてどのような順番でフィルタリングされるのかを追加しました。
  • Path Deformのスピードが向上し、ポジション転送に関する小さなバグが修正されました
  • Calculate Occlusionでは、新しいアドバンスメニューの下に円錐角とレイバイアスが表示されます。 これにより、複雑なオブジェクトに対してより正確な結果を得ることができます。
  • Fire Presetシェルフアイテムがネットワークエディタでコールされないように削除しました。
  • OSM Importerに閉じたカーブを適切に処理するオプションが追加されました
  • Path Deform SOPはより高速になり、折りたたみと端の切り取りのオプションの切り替えが追加されました。
  • ユーザーフィードバックに基づいてPath Deformer ClipをSquashに変更しました。
  • 機能が重複しているため、COPからNormal Managerを削除します。


Bug Fixes

  • Terrain Layer ExportとTerrain Layer Importの1ユニットのHeightオフセットを修正しました。 HDAによって自動的に設定される新しい“ host”パラメータをExportノードに追加しました。しかし、確認することをお勧めいたします。
  • Calculate Occlusion SOP - Maximum Ray Distance fixed
  • UVs are now properly maintained on Path Deform SOP
  • Fire Preset fixed an issue where the preset system was changing other instances in the scene
  • UV Transfer now properly respects the uv set name on the target mesh
  • Fixing CSV Exporter so it works properly with relative paths

11 Dec 2018

Updates

  • Path Deform Twistロジックを更新し、結果を壊していた転送変更を元に戻しました。
  • Path Deform 入力メッシュのサイズを基準にしてスイープ分割を作成
  • より滑らかな結果を得るためにPath Deformツールの転送ロジックを更新し、3番目の入力のためのツール説明を追加
  • Terrain Layer Export 使用されている場所に応じて、レイヤのエクスポートが自動的に切り替わるようになりました。 (Houdini vs Unreal)。 レイヤーエクスポート数が0に設定されている場合でも、ハイトマップはデフォルトでエクスポートされるようになりました。また、プレフィックスの機能が変更されました。 アンダースコア等は、エクスポートプロセスではなく、ユーザーによって作成されるようになりました。
  • Reality Capture Pluginのビジブルイメージのリストに.tifを追加
  • Mapboxノードは更新時に空のウィンドウをフラッシュしません
  • Path Deform 複数のオブジェクトを扱うときにより安定したソリューションを提供するために、内部の作業を大幅に修正
  • PolyDeformアトリビュートのクリーンアップ
  • LOD Create LODをプレビューするモードを制御するためのUIが更新されました。 ビジュアライザを無効にすることもできます。 このツールは、カスタムメッシュがいくつ持っているかを正しく表示するようになりました。 また、相対パスと絶対パスなどのマイナーなバグも修正しました。
  • Path DeformツールにClip Endsパラメータを追加
  • LOD Create デフォルトの「mesh」_LODの代わりにLODサブメッシュのカスタムプレフィックスを指定できるようになりました。 シェーダ統合のためにリニアカラースペース切り替えも公開しました。
  • 改良されたPivot Painter階層ピボット生成アルゴリズム。現在は変わった形のリーフを持つより堅牢にする必要があります。 これはパフォーマンスのわずかな低下を伴います。 Cd属性を使用して階層モードで動きをマスクする機能も追加されました。
  • Path DeformツールにAxisとScaleをCurve Lengthパラメータを追加し、アニメーションオブジェクトがアニメーションを再生しない問題を修正しました。
  • UV Transferノードでパラメータを公開して、境界点をメッシュにどれだけ積極的に溶接するかを制御します。
  • Games BakerSimple Bakerはフレームレンジレンダリングを使用するときに警告を出すようになりましたが、出力ファイルパスに$ Fは見つかりません。
  • Mapbox SOPをMacとLinuxで動作するように更新
  • Vertex Animation Texture ROPがUE4 4.21にアップデートされました。 Generalマテリアルのクリーンアップしました。 スピードは倍増しています。 1の値は24 fps(Houdiniのデフォルト)に相当します。
  • 機能が重複しているため、COPからNormal Managerを削除します。


Bug Fixes

  • Volume Textureは、より多くのスライスを使用するときに、正しいフレーム長を使用してボリュームスライスをレンダリングするようになりました。 デモシーンも追加しました。
  • Mapbox SOPマップを90度回転させてトップビューで正しく表示されるようにしました。ダウンロードしたデータのズームレベルが間違っていました、地形にスナップすると、スケールされたデータは失敗します、色がマップボックスウィンドウと一致するようになりました。
  • perimeter モードに設定されたDelete Small Parts が正しくフックされるようになりました
  • Straightenは、ノーマル計算でより正確です
  • Games Bakerは、不正な一時パスが原因でMacに実行できませんでした。 同時にSimple Bakerの失敗に関する問題を解決しました。
  • テクスチャが生成されていなかったReality Captureの問題を修正しました
  • UV Transfer を修正しました。複数の内部Fuseノードが全てのケースにおいて常に必要ではない変性ポイントを削除していました。
  • シェルフのVDB Textureに対するタイプミスの修正
  • PhysicsPainterは高解像度メッシュに含まれるアトリビュートを保持するようになりました。
  • Games Bakerの出力解像度を壊す解像度ドロップダウンメニューを修正。 このバグにより、手動で入力した解像度がドロップダウンを一度使用した後に破棄されていました。

23 Nov 2018

New Tools

  • Sweep Geometry Toolとは対照的に、従来のパスデフォーマと同じように機能するPath Deformツールを追加しました。
  • COPの新しいNormal Manager を作成しました。ノーマルをいつでも反転、フィット、かくはんすることができます。
  • Terrain Layer Import とTerrain Layer Exportの追加。 これらのツールを使用すると、UE4との間で地形を簡単にインポートおよびエクスポートできます。 エクスポートツールを使用して、既存のランドスケープをディスク上に保存して再インポートすることで、既存のランドスケープを「適所で編集」することができます。
  • Group UV Bordersは、UVボーダーをグループ化するプロセスを簡素化するように設計されたSOPです。

Updates

  • RBD Directorは、rbd_material_fractureノードと一緒に動作するようになりました。
  • Vertex Animation Texture ROPは、UE4 4.21用に更新されました。 一般的なマテリアルのクリーンアップ。 速度は倍速になりました。 1の値は24 fpsに相当します(Houdiniのデフォルト値)。
  • LinuxとMacでMapbox SOPを修正しようとしています。
  • Reality Capture Pluginが新しいSDKに更新されました。 新しい有効期限はより長い期間に設定します。 RC Extract Camerasは、カメラの向きとして上、横、前方のアトリビュートを抽出する機能が追加されました。
  • Multi Fileには切り替えがあり、インポートされたファイルのソースの場所を出力するように切り替えることができます。 いくつかのUIパラメータ名も修正されました。
  • Games BakerSimple Bakerは、2.2ガンマではなく、ベースカラーチャンネルをリニアスペースで出力できる切り替えを持つようになりました。 これは、頂点カラーを拡散マップにベイクし、フローマップシェーダー等で使用する場合に便利です。
  • Physics Painterには、新しいオブジェクトをペイントオブジェクトのマルチアームにドラッグアンドドロップするか、オペレータリストピッカーを使用して複数のオブジェクトを一度に追加できる「Quick Add」パラメータが追加されました。 これは、MOPのツール用に作成された機能に基づいています。
  • VolumeTextureのUIを改善し、出力値を反転させるオプションを追加しました。 これにより、距離とフォグの両方のVDB入力をサポートするようになりました。
  • Flowmap Guideに新しい "Guide Sample Count"パラメータが追加されました。これにより、ユーザーはサンプル品質を制御できるため、より高品質の出力が可能になります。
  • Physics Painter がHeigt Fieldをサポートするようになりました。ツールはメッシュ、高さフィールド、またはその両方をプライマリツール入力としてプラグインできるようになりました。また、メンテナンスを簡単にするためにネットワークも少しリファクタリングされました。
  • 転送品質を向上させるために、より正確な転送方法を使用ようにUV Transfer ツールを修正しました


Bug Fixes

  • アダプティブサブディビジョンを使用する場合、H17のTerrain Mesh ROPでの三角ポリゴン化の問題を修正しました。 vex関数の変更によって問題が発生していました。
  • Volume Textures - モザイクアトラスの解像度のバグを解決しました。
  • Games Bakerは、一時的なベイキングファイルを生成するためにマシンごとに固有の名前を使用するようになりました。 また、ターゲットディレクトリの代わりに一時ファイルを$ tempに保存します。 これにより、レンダーファームは同じ宛先フォルダに書き込めるようになります。
  • Simple Baker がベイク用サンプルがロジックに正しく組み立てられていない問題を修正しました。