Created on | Updated on
フォローする

Houdini Game Dev Toolの更新情報

Game Dev Toolの更新情報最新はこちら
https://www.sidefx.com/forum/topic/56685/

New Tools

  • Sweep Geometry Toolとは対照的に、従来のパスデフォーマと同じように機能するPath Deformツールを追加しました。
  • COPの新しいNormal Manager を作成しました。ノーマルをいつでも反転、フィット、かくはんすることができます。
  • Terrain Layer Import とTerrain Layer Exportの追加。 これらのツールを使用すると、UE4との間で地形を簡単にインポートおよびエクスポートできます。 エクスポートツールを使用して、既存のランドスケープをディスク上に保存して再インポートすることで、既存のランドスケープを「適所で編集」することができます。
  • Group UV Bordersは、UVボーダーをグループ化するプロセスを簡素化するように設計されたSOPです。

Updates

  • RBD Directorは、rbd_material_fractureノードと一緒に動作するようになりました。
  • Vertex Animation Texture ROPは、UE4 4.21用に更新されました。 一般的なマテリアルのクリーンアップ。 速度は倍速になりました。 1の値は24 fpsに相当します(Houdiniのデフォルト値)。
  • LinuxとMacでMapbox SOPを修正しようとしています。
  • Reality Capture Pluginが新しいSDKに更新されました。 新しい有効期限はより長い期間に設定します。 RC Extract Camerasは、カメラの向きとして上、横、前方のアトリビュートを抽出する機能が追加されました。
  • Multi Fileには切り替えがあり、インポートされたファイルのソースの場所を出力するように切り替えることができます。 いくつかのUIパラメータ名も修正されました。
  • Games BakerSimple Bakerは、2.2ガンマではなく、ベースカラーチャンネルをリニアスペースで出力できる切り替えを持つようになりました。 これは、頂点カラーを拡散マップにベイクし、フローマップシェーダー等で使用する場合に便利です。
  • Physics Painterには、新しいオブジェクトをペイントオブジェクトのマルチアームにドラッグアンドドロップするか、オペレータリストピッカーを使用して複数のオブジェクトを一度に追加できる「Quick Add」パラメータが追加されました。 これは、MOPのツール用に作成された機能に基づいています。
  • VolumeTextureのUIを改善し、出力値を反転させるオプションを追加しました。 これにより、距離とフォグの両方のVDB入力をサポートするようになりました。
  • Flowmap Guideに新しい "Guide Sample Count"パラメータが追加されました。これにより、ユーザーはサンプル品質を制御できるため、より高品質の出力が可能になります。
  • Physics Painter がHeigt Fieldをサポートするようになりました。ツールはメッシュ、高さフィールド、またはその両方をプライマリツール入力としてプラグインできるようになりました。また、メンテナンスを簡単にするためにネットワークも少しリファクタリングされました。
  • 転送品質を向上させるために、より正確な転送方法を使用ようにUV Transfer ツールを修正しました


Bug Fixes

  • アダプティブサブディビジョンを使用する場合、H17のTerrain Mesh ROPでの三角ポリゴン化の問題を修正しました。 vex関数の変更によって問題が発生していました。
  • Volume Textures - モザイクアトラスの解像度のバグを解決しました。
  • Games Bakerは、一時的なベイキングファイルを生成するためにマシンごとに固有の名前を使用するようになりました。 また、ターゲットディレクトリの代わりに一時ファイルを$ tempに保存します。 これにより、レンダーファームは同じ宛先フォルダに書き込めるようになります。
  • Simple Baker がベイク用サンプルがロジックに正しく組み立てられていない問題を修正しました。