Created on | Updated on
フォローする

Redshift Version 2.6.25 リリースノート ※不安定です。このバージョンは使用せずに次のバージョンをご利用ください。

Redshift 2.6バージョンでは、NVidiaドライババージョン390.65以降(Windows)、390.25以降(Linux)、および387.128以降(macOS)が必要です。

* [Maya]edshift Volume Shapeのカラーチャンネルのサポートが追加
* [Maya] モードが「Thick」に設定され場合、カーブセットによって生成されたジオメトリにUVを追加
* [Maya] カーブがマルチレベルのTransformを尊重しないバグを修正
* [Maya] ength = 0のカーブをレンダリングしようとするとクラッシュするバグを修正
* [Max] 2.6.24のクラス名の変更によって導入された、RS Material またはRS SSSプリセットの設定時のクラッシュを修正
* [C4D]MultiShaderを改良。テクスチャスロットはC4Dビットマップの代わりに全てRSTextureシェーダを使用
* [C4D] RSFileパラメータのオフセットアニメーションパラメータに負の値を設定可
* [C4D] RSObjectタグのCurveセクションから利用可能な、代替のFast curve interpolation オプションを追加。 以前の設定は、[Precise]オプションとして使用可能。
* [C4D] RenderViewでIPRを開始/停止するためのコマンドが追加
* [C4D] urbulenceFDのボリュームに関するクラッシュの問題に対応
* [Houdini] Houdini vdbプリミティブとOpenVDBファイルにカラーボリュームグリッドのサポートが追加
* [Houdini] OBJスペアパラメータの[Volume]タブの新しいオプションを使用することで、カラーボリュームのvdbグリッドの背景を綺麗にする。
* [Houdini] RSLightSunで環境とSunライトの同期に関する問題に対応
* [All] ボリュームグリッドの発光部分がアーティファクトを繰り返してしまうバグを修正
* [All] DeepレンダリングやcryptomatteでGPUクラッシュを引き起こす可能性がある最新のバグ(2.6.24)を修正
* [All] 視覚的破損を引き起こすまれに発生する複数OOCテクスチャサンプラーのバグを修正