Created on | Updated on

sesictrl を使ったライセンスのインストール(非GUI環境でのライセンスインストール)

引用:http://ikatnek.blogspot.com/2017/07/sesictrl.html

sesictrl はコマンドラインツールなので、まずはターミナルを起動する必要があります。
コマンドライン用 Houdini 環境設定方法は下記をご参照ください。
https://www.sidefx.com/ja/faq/license-management/#faq9

 

コマンドライン上でHoudiniを使用できる環境が整ったら下記に進みます。

  1. ライセンスをインストールする場合には、sesictrl -L として起動します。

  2. ライセンスが紐づけされたメールアドレスを入力します。
    mceclip0.png

  3. 次にパスワードを求められるので入力してください。
    mceclip1.png

  4. Emailアドレスおよびパスワードが正しい場合、下記のようにログインに成功します。
    mceclip2.png

  5. そのままインストール可能なライセンス entitlements がリストされます。


  6. リストされているライセンス entitlements をすべてインストールするのであれば、f を入力、 Enter キーを押して終了します。
  7. 上記の例と同じように Houdini FX だけをインストールしたい場合、#2 と #3 の Mantra を 0 にします。
  8. まずは Enter a number to edit the selection... のところに 2 と入力し、Enter キーをおします。
  9. How many tokens would you like to install? [4] に対し、 0 と Enter キー を押します。
        これにより #2 の Mantra の selected の数が 0 になりました。



  10. #3 の Renderer に対しても同様の事を行ないます。3と入力し、 Enter キー、その後、 0を押して Enter キーをおします。これで #2 と #3 の Renderer どちらもが 0 になります。




  11. f と Enterキーを押して現在の設定をインストールします。
        上記のようにメッセージが出れば、ライセンスが正しくインストールされたことになります。インストールせずに終了するのであれば、 qキーを押します。
  12. 終了後、インストールされたライセンスを確認するには、sesictrl -s を実行してください。

 sesictrl を使ったライセンスの返却

引き続き、sesictrl を使ったライセンスの返却方法をご紹介いたします。
上記同様、まずインストールされているライセンスを確認するため、sesictrl -s を実行します。

01_return-s.png

例えば一番下にある Houdini Core を返却する場合、sesictrl -d 1598d77e と実行します。

02_return-s.png

Are you sure you want to return this license? [n] のあとに y と入力して確定します。

メールアドレスとパスワードを訊かれるのでそれらを入力します。

成功すれば、
The license was returned successfully. After redeeming the entitlement for it, you may return it at most # more times.
と表示される。 # は実際に返却可能な数。

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

※ 問い合わせ対応はBorn Digitalより製品をご購入頂きましたお客様のみのサービスとなります。ご了承下さい。
サポート問い合わせ