Created on | Updated on
フォローする

B2Mでイメージタイルを作る

Bitmap2Materialを使用すると、任意の画像をタイリングすることができます。

以下に見られるように、この岩の絵は、シームレスにタイリングされていません。

Not_tiling.jpg

B2Mタイリング方式により、自動的にタイル化することができます。

Tiling.jpg

画像タイルを作成するには、グローバルパラメータでMake It Tileというパラメータを使用する必要があります。

タイリングのための5つの方法から選択できます:

  • Edges Quincunx
  • Edges Linear
  • Edges Linear X
  • Edges Linear Y
  • Random

Edges Quincunx 法

画像情報に適応させるためにマスクを歪めます。

次のパラメータを制御できます。

Tiling Transition Precision: 新しいタイルの画像と元の画像の間のトランジションがどの程度シャープになるかを設定します。

Edges Linear 法

リニアマスク。パターンを含むイメージに適しています。

次のパラメータを制御できます。

Tiling Transition Precision:新しいタイルの画像と元の画像の間のトランジションがどの程度シャープになるかを設定します。

 

Edges Linear X 法

リニアマスク。パターンを含むイメージに適しています。 タイリングはX軸にのみ適用されます。

次のパラメータを制御できます。

Tiling Transition Precision:新しいタイルの画像と元の画像の間のトランジションがどの程度シャープになるかを設定します。

Edges Linear Y Method

リニアマスク。パターンを含むイメージに適しています。 タイリングはY軸にのみ適用されます。

次のパラメータを制御できます。

Tiling Transition Precision新しいタイルの画像と元の画像の間のトランジションがどの程度シャープになるかを設定します。

Random

画像の一部は、異なる位置に「スプラッタ」されます。 スプラッタはランダム化可能です。

次のパラメータを制御できます。

Tiling Transition Precision: 新しいタイルの画像と元の画像の間のトランジションがどの程度シャープになるかを設定します。

Tiling Random Angle Variation:各スプラットの角度をランダム化します。