Created on | Updated on
フォローする

B2Mのパラメーター

Bitmap 2 Materialのすべてのパラメータは、非常に正確な方法で素材を制御することができます。

Image Inputs

Main Input: メインの画像入力をインポートします(すべてのマップ生成を駆動するために必要です)

Grunge (optional): グランジマップをインポートする

Metallic (optional): メタリックマップをインポートする

Height (optional): ハイトマップをインポートする

Normal (optional): 法線マップをインポートする

 

Global Parameters

Random Seed: 「Random」タイル法を使用するときは、パッチの位置をランダム化します。

Method: マップの抽出に使用するメソッドを設定します。 Slope ベースはライト角度とメイン入力の傾斜を使用してマップを作成します。 Luminanceベースは、画像の明るさを使用してマップを作成します。

Light Angle: "Slope Based"メソッドでのみ利用可能です。 メイン入力画像のライト方向を指定して、正しい入力情報を抽出します。

Light Equalizer: 「Luminance ベース」方式でのみ利用可能です。 メイン入力画像の照明情報を削除して、正しい入力情報を抽出します。

MakeItTile : テクスチャのタイルをシームレスに作成し、「タイリングなし」、「オフセット」、「スプラット」の3つの設定から選択できます。

  • Off: ビットマップはそのままになります。
  • Edges Quincunx: オフセット/ワープ法を使用してテクスチャをシームレスにタイルします。
  • Edges Linear: 連続したオフセットとワープを使用してテクスチャがシームレスにタイル表示されます。 パターン(レンガなど)の方が良い結果が得られます。
  • Edges Linear X: Edges Linearと同じですが、X軸のみです。
  • Edges Linear Y: Edges Linearと同じですが、Y軸だけです。
  • Random: 元のテクスチャのパッチをランダムに散乱することにより、テクスチャがシームレスにタイル表示されます。

Tiling Transition Precision: 元の画像とオフセット領域の間の遷移をどれくらいシャープにするかを設定します。

Tiling Random Angle Variation : 「Random」タイル法を使用している場合、各テクスチャパッチの角度をランダム化します。

Invert Relief: 生成されたレリーフを反転させます。 生成されたすべてのマップ(ハイト、ノーマル、ラフネス、AOなど)が変更されます。. 

 

Relief Parameters

Relief Balance: S値に応じてノーマルとハイトのマップを滑らか/鮮明にします。

Normal Intensity: ノーマルの出力の強さを制御します。

Normal Format: DirectXとOpenGLの間のノーマルフォーマットを設定します。

Displacement Map Resolution: テッセレーションレートに合わせてディスプレースメントマップの解像度を設定します。

Relief Input: オプション値に応じて、レリーフ入力:「Height(optional)」または「Normal((optional)」を使用できます。

Normal Input Format: 「Normal (optional)」入力形式を設定します。

Relief Input Blending Mode: 生成された入力レリーフとオプションの入力レリーフのブレンドモードを設定します。 (「Height (optional)」または「Normal (optional)」)。

Relief Input Opacity:  レリーフ入力の不透明度を設定します(「Height (optional)」または「Normal (optional)」)。

Relief Pinch: レリーフ関連のマップをシャープにします。

Relief Pinch Radius: Relief Pinchによって修正された周波数の範囲を変更します。

 

Diffuse | Base Color Parameters

Luminosity: DiffuseおよびBase Color出力の明るさを設定します。

Hue Shift: DiffuseおよびBase Color出力の色相を変更します。

Contrast: DiffuseおよびBase Color出力のコントラストを変更します。

Saturation: DiffuseおよびBase Color出力の彩度を変更します。

Light Cancellation: Neutralizes the Main Input lighting.

Shadows Cancel Coef: DiffuseおよびBase Color出力のシャドウキャンセルの強さを設定します。 "Light Cancellation"が0ではない場合に使用できます。

Shadows Colors From Image Average: DiffuseおよびBase Color出力のキャンセルされたシャドウ領域のメイン入力の平均クロミナンスを使用します。 "Light Cancellation"が0ではない場合に使用できます。

Shadows Saturation: DiffuseおよびBase Color出力にホロー効果を避けるために、キャンセルされたシャドウを彩度調整します。 "Light Cancellation"が0ではない場合に使用できます。

Highlights Cancel Coef: DiffuseおよびBase Color出力のハイライトキャンセルの強度を設定します。 "Light Cancellation"が0ではない場合に使用できます。

Highlights Colors From Image Average: DiffuseおよびBase Color出力のキャンセルされたハイライト領域のメイン入力の平均クロミナンスを使用します。 "Light Cancellation"が0ではない場合に使用できます。

Highlights Saturation: DiffuseおよびBase Color出力への焼きこみ(Burn)効果を避けるためにキャンセルしたハイライトを彩度調整します。 "Light Cancellation"が0ではない場合に使用できます。

AO Cancellation: メイン入力のアンビエントシャドウをキャンセルします

AO Radius: アンビエントオクルージョン出力半径を定義します。 また、 "AO Cancellation"効果にも影響します。

Diffuse Details: ライティングがキャンセルされたエッジをシャープにします。

Metal Color Replacement: 金属部分で使用する色を設定します。

Metal Color Replacement Intensity: 画像入力元の金属色と前のオプションで設定したものの間の補間値を設定します。

 

Roughness | Glossiness Parameters

Roughness Value: 粗度の平均値を設定します。

Metal Roughness Influence: 金属マップに応じて粗度マップをローカルで変更できます。 負の値:金属領域では素材がより滑らかになります。正の値:金属領域では素材が粗くなります。 また、グロッシネスマップを設定します。

Roughness Variations From Curves: メイン入力に基づいて粗さのバリエーションを適用します。

Roughness Variations Softness: バリエーションの滑らかさを設定します。

Roughness From Color: キー入力から作成された領域の範囲と滑らかさを設定します。

Roughness From Color Keying Mode: 選択した色に応じて領域を設定する方法を選択できます。

Roughness From Color Keying Color: 異なる粗度値を持つ領域を定義する色を設定します。

Roughness From Color Keying Settings: 選択した領域の設定、範囲、および滑らかさを設定します。

Roughness From Color Value: このエリアの粗度値を設定します。

 

Metallic | Specular Parameters

Metal From Diffuse Keying Type:Metallic オプションが0に設定されている場合に使用するキーイングのタイプを設定します。

Metal From Diffuse Keying Color: Metallicマップを作成するキーイングカラーを選択します。Metallicオプションが2に設定されている場合にのみ機能します。

Metal From Diffuse Keying Settings: Diffuseマップをキー入力して作成された金属マスクの範囲と滑らかさを設定します。Metallicオプションが2に設定されている場合にのみ機能します。

Ambient Occlusion

AO Levels:レベルを設定します:AOマップの最小、中央、最大。

AO Sharpen: AOマップのシャープレベルを設定します。

AO Denoise: AOマップからノイズおよびいくつかの最も高い周波数の詳細を削除します。

AO Map Specific Radius: Base Color / Diffuse AO Cancellation値よりもAOマップに異なる放射値を設定できます。

AO Map Radius: AOマップ固有の半径が有効になっているときに、アンビエントオクルージョンの半径を定義します。

 

Grunge Parameters

Grunge : エフェクトを有効/無効にします。 埋め込まれたグランジマップの1つ、または「Grunge (optional)」入力から詳細を追加します。

Grunge Choice : 「Grunge = On」の場合のみ。 リストで使用するグランジマップを選択します。

Grunge Map Balance: グランジマップの明暗のバランスを設定します。

Grunge Map Contrast:グランジマップのコントラストを変更します。

Grunge Map Invert:グランジマップの輝度を反転させます。

Grunge Map Adaptive Shape: グランジマップの形状を入力画像に適用します。

Diffuse | Base Color Opacity:グランジマップとDiffuse/Base Color マップのブレンド強度を設定します。

Diffuse | Base Color Blending Mode: ブレンドモードをDiffuse / Base Colorマップとグランジマップの間で設定します。

Height | Normal Opacity: グランジマップとハイトマップのブレンド強度を設定します。

 

Roughness | Glossiness Opacity: グランジマップとRoughness / Glossinessマップのブレンド強度を設定します。

Roughness | Glossiness Blending Mode: グランジマップとRoughness / Glossinessマップのブレンドモードを設定します。

Metallic Opacity: グランジマップとMetallicマップのブレンド強度を設定します。

Metallic Blending Mode: グランジマップとMetallic マップのブレンドモードを設定します。

 

Curvature Parameters

Curvature Intensity: 曲率のしきい値を設定します。 強度にも影響します。

Curvature Denoise: 曲率マップからノイズとディテールを除去します。

 

Advanced Parameters

Preserve Input Alpha: メイン入力アルファチャンネルを維持/削除します。 また、 "Make It Tile"オプションにも依存します。

Color Input Gamma: 入力カラー画像で使用されるガンマのタイプを設定します。

Color Output Gamma: カラー出力に使用するガンマのタイプを設定します(スペキュラ出力の金属領域にも関係します)。

Input Scale: 入力カラー画像のスケールを設定します。

Input Position: 入力カラー画像の位置を設定します。

 

Outputs Parameters

Base color: Substance Playerの対応する出力とその関連パラメータを有効/無効にします。

Roughness: Substance Playerの対応する出力とその関連パラメータを有効/無効にします。

Metallic: Substance Playerの対応する出力とその関連パラメータを有効/無効にします。

Diffuse: Substance Playerの対応する出力とその関連パラメータを有効/無効にします。.

Specular: Substance Playerの対応する出力とその関連パラメータを有効/無効にします。

Glossiness:Substance Playerの対応する出力とその関連パラメータを有効/無効にします。

Normal:Substance Playerの対応する出力とその関連パラメータを有効/無効にします。

Height: Substance Playerの対応する出力とその関連パラメータを有効/無効にします

Displacement: Substance Playerの対応する出力とその関連パラメータを有効/無効にします。

Bump: Substance Playerの対応する出力とその関連パラメータを有効/無効にします。

Ambient Occlusion:Substance Playerの対応する出力とその関連パラメータを有効/無効にします。

Curvature: Substance Playerの対応する出力とその関連パラメータを有効/無効にします。

Detail Normal: Substance Playerの対応する出力とその関連パラメータを有効/無効にします