Created on | Updated on
フォローする

異なるサブネット上のクライアントが、サーバからライセンスを取得する方法を教えてください。

ライセンスIPマスクがご使用のネットワークタイプ (class B、class C、あるいは指定したサブネットのリスト) と一致しているか確認してください。

はじめに、オプションは既にライセンスサービスが開始されていると設定できません。
一度ライセンスサーバーのサービスを止めてから、設定する必要があります。

sesinetd.optionsを最初に作成し、下記の場所に保存してください。

  • Linux: /usr/lib/sesi
  • Windows: C:\Windows\System32 (このファイルを作成し、ここに置く必要があることに注意してください)
  • Mac:/Applications/Houdini/Houdini16.0.xxx/Frameworks/Houdini.framework/Versions/Current/Resources/houdini/sbin

このファイルで指定可能なオプションはいかになります。

https://www.sidefx.com/ja/faq/license-management/#faq17

このファイルに下記のように-mで追加したいクライアントのIPを設定します。

-V 2 -z 250000 -m +.+.*.*,192.168.*.*,10.*.*.*,172.*.*.*

これはデフォルトのフローティングライセンスのIPマスクを使っていますが、カンマで区切ってマスクレンジを追加していきます。
IP マスク間にはスペースを入れないでください。

これにより、指定したサブネット上のクライアントが (文字列の IP マスクを通じて) ライセンスをチェックアウトし、ライセンス サーバから (sesinetd.options ファイルを通じて) ライセンスを読み込むことができるようになります。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。