Created on | Updated on
フォローする

Redshiftユーザー事例:RAMPAGE ~Hydraulxのその年最大のヒット作であるVFXに対するRedshiftのパワーとは?

原文:https://www.redshift3d.com/blog/on-the-rampage-with-redshift

巨大なCGモンスターや壊滅的な破壊シーンが、Brad Peytonの夏の大ヒット作「Rampage」において巨大スクリーンを襲った。 「Big meets Bigger」のキャッチフレーズで、Hydraulxのチームは、必要なすべての複雑なCGをお届けするために、彼らは作業のカットアウトが必要なことを知っていた。 Midwayによる1980年代のアーケードゲームに基づいて、Rampageは霊長類学者のDavis Okoye(現在のヒットメーカー、Dwayne Johnsonが演じる)の話で、Georgeと呼ばれるアルビノゴリラとチームを組む。 ジョージが巨大なサイズの生物に成長後、彼とデイビスは、シカゴを破壊する巨大な2体のモンスターを止めるためにチームを組む。

15年の経験とConstantine、300、Avatar、Avengersなどのタイトルを手掛けたことで、Hydraulx Visual Effectsは、要求の厳しいCGを作成することになれていましたが、このプロジェクトでは、作業を完了するための時間が限られていました。Hydraulxは、非常に多くのショットを制作することを任せられました ーVFX技術の要求が厳しい全範囲です。さらに厳しいスケジュールということもあり、彼らは、RedshiftのGPUレンダリングで冒険することを決めたのです。

「8月に研究開発を開始し、数ヶ月後にプレートを入手しスタートしました。 12月になると、より洗練されたパイプラインが構築されました。Redshiftを使用することは、作業を完了するうえでの成功への選択肢になると確信していました」とHydraulx on RampageのVFX責任者Bill Kuninは語ります。

HydraulxのパイプラインにてRedshiftを採用する可能性を数ヶ月調査した後、ライティング部門はそれを使用することになりました。 「モデリングスーパーバイザーStefan Schneider、ライティングスーパーバイザーTulio Hernandez、現在のリードルックデブ Daniel Vederと、採用フェーズで緊密に協力しました。」HydraulxのCGスーパーバイザーであるChun Seong Ng氏は次のように述べています。「Redshiftの準備ができたら、それを他のライティング部門にプッシュして、最も必要なショットに取り組みました。」

Redshiftが提供した速度は、パイプラインの統合と同様に、特に地球軌道上の宇宙ステーションの中や周辺に設置された映画の初期のシーンでは非常に貴重でした。これらのショットには、フォトリアリスティックな宇宙ステーションの製作だけでなく、複雑なクリーチャーの作業の統合も含まれていました。これらのショットが、HydraulxがRedshiftを使用する判断を行った主な理由でした。「主演男優と脇役や舞台装置のほかに、シーケンスの残りの部分(宇宙ステーション、バックグラウンド・デジタル・ダブル、クリーチャー・ワーク、そして宇宙ステーションインテリアの90%)はすべてCGだった」とChun氏。「従来のCPUベースのレンダリングソリューションを使用して、必要なショットを完成させることはできなかっただろう。同様のセットアップを処理するには5倍の時間がかかるだろう」

より高速なシーン操作

アーティストがRedshiftでの作業に慣れていくと、彼らは、CPUレンダリングによって提供される「レンダリングボタンを押して待機する」アプローチが非常に限られていることに気付きました。また、GPUレンダリングでは、作業をより洗練させる機会が増えるため、アーティストにとって創造的なメリットがあります。

「オープニングショットだけで1分以上の長さがあり、Redshiftを使用することで得られるスピードは、より短い時間でより多くの修正を行うことができました」とBill氏は説明します。「スピードの大幅な向上による素晴らしさもすぐにわかりました。  宇宙ステーションの素晴らしい出来栄えのレンダリングをみれば、Redshiftが進むべき道であることは明らかでした」

Redshiftは、Hydraulxのアーティストの細部まで行き届いたハード・サーフェス・モデリング作業を披露する素晴らしい仕事をしました。  また、GPUレンダラーのプロダクショ向けレンダリングツールのフルセットのおかげで、チームは複雑なクリーチャー作業に対し、簡単にその利点を利用することができました。フォトリアルなハードサーフェース作業と同じように、CGモンスターを実際に存在するように感じられるために、Rampageのクリーチャーの作業は非常に重要でした。

「Rampageの研究開発プロセスで、ショーに役立つ可能性のあるものが多くありました」とChun氏は言います。「例えば、私たちは生物の毛皮とデジタルダブルの髪にrsProxyを使用しました。 ワークフローを理解するまでには時間がかかっていましたが、理解すると全く振り替えることはありませんでした。 ローディング時間の節約、シーン操作の高速化、 巨大なキャッシュファイルを処理する必要はありません。」

GPUとCPUの威力

Redshiftを使用するもう1つの利点は、既製のソフトウェアとハードウェアを使用して驚異的な速度とパワーを提供することです。 アーティストのワークステーションの場合、Hydraulxは強力なNvidia GPUに投資し、最終的なレンダリングには、最大4つのGPUを持つマシンで構成される独自のGPUレンダーファームを作成しました。

これは、既存のHydraulx CPUインフラストラクチャが解放され、Hydraulxがこれが提供する新しい機会を素早く利用できることを意味しました。 「GPU上でレンダリングすることができたので、CPUファームがシミュレーションとコンポジットに集中できる有益なシナリオが作成されました」とChun氏は説明します。 「この新しい並列プロセスパイプラインにより、ショットの回転をより速くすることができました」

時間節約の管理

コンポジット作業のために、Redshiftはせっせと働き、すべてを管理するのに本当に効率的でした。「私たちはオブジェクトとシェーダのIDを持つパズルマットを他のすべてのAOVとともに生成しました。コンポジターはNukeシーン全体を完全にコントロールすることができます」とChun氏は言います。「将来のリリースでは、他のAOVsと一緒に統一されたDeepOutputを期待しています。同様にCryptomatteを次のショーに組み込むことができます」[注:Cryptomatteは現在、Redshift for Mayaでサポートされています。他のホストアプリケーションプラグインにすぐに対応する予定です]

Rampageが春に映画館を席巻したことで、BillとChunは、GPUレンダリングでの最初の仕事の反響を見ることができる機会を得ました。Chun氏は次のように述べています。「新しいソフトウェアをパイプラインに採用することは常に難しい課題です。私たちは当初考えていたよりも速くRedshiftを組み込むことができました。」

BillはRedshiftがRampageの正しい選択であった事を知った瞬間を思い出しています。「宇宙ステーションは映画のオープニングシーケンスであり、宇宙ステーションがフォトリアルに見えるようにすることが特に重要でした。観客をビジュアルエフェクトに大きく比重のある映画に引き込まなければならず、それを得ることが非常に重要でした。完成したとき、Redshiftがこのヘビーで複雑なシーケンスを完成させるための手段だったことは明らかでした。」

 

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。