Created on | Updated on
フォローする

3dsMaxの"カメラに対して可視"の設定をArnoldで行うにはどうすればよいですか?

■質問

3dsMaxでスキャンラインレンダラーを使用するときに オブジェクトプロパティ > カメラに対して可視 を切り替えることで指定したオブジェクトをレンダリングに含めるかどうかを設定することが出来るのですが、Arnoldを使用するときにはこの設定が効きません。

Arnoldで設定する場合にはどうすればよいのでしょうか?

 

参考:
[一般](General)パネル([オブジェクト プロパティ](Object Properties)ダイアログ ボックス)

 

■回答

3dsMaxの仕様により、[オブジェクト プロパティ] の [レンダリング制御] で設定した内容は、Arnold のレンダリングに反映しません。

Arnoldでは下記手順の設定を行って下さい。

1.
対象のオブジェクトに、[Arnold Properties] モディファイヤを適用します。

2.
モディファイヤの [Visibility] をオンにすると、グレーアウトされている項目がアクティブになるため、[Camera (Primary Rays)] 及びその他の項目をオフにしてレンダリングを行います。

 

General Properties
https://support.solidangle.com/display/A5AF3DSUG/General+Properties