Created on | Updated on
フォローする

2.6.13 におけるOptiX 5.1 denoiser (Windows/Linuxのみ)

Redshiftバージョン2.6.13に含まれるOptiX5.1デノイザーのヘッズアップです。 このバージョンのデノイザーには、次のような重要な機能が追加されています。

- HDR値を保持する
- OptiXで使用されるVRAMの量を制限する機能があります

Redshiftはこの両方を確認済みで、問題なく動作しているようです。 HDR値は実際に保持されています。今後追加予定のブルーム/ストリーク/フレアシェーダーでこの機能をテストしています。 また、OptiXが最大512MBのVRAMを使用するように制限が追加されました。 将来、このVRAM使用量パラメータが公開され、より多く、またはより少なくVRAMを使用できるようになります。 デノイザーが使用するVRAMが少ないほど、「タイル」でデノイザープロセスを実行し、メインメモリとの間でデータを転送する必要があるため、遅くなります。

OptiX 5.1に関して、macOSユーザーにとって不幸なニュースが寄せられていますが、NVidiaはmacOS用のOptiX 5.1 SDKを提供していないようです。 これは、macOSのRedshiftが古いバージョン(HDR値を保持せず、より多くのVRAMを使用する)を使用することを意味します。 私たちはNVidiaにこれについての公式の回答を求めました。 多くの情報を入手できましたら、お伝えいたします。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。