Created on | Updated on
フォローする

Redshift 2.6へのビルドの切り替え(および今後の計画)

 

Redshiftの "メイン"ビルドをRedshift 2.6に切り替える予定です。 旧2.5バージョンはまだフォーラムに存在しています。実際には、まだ使用しているユーザー/スタジオのために、少し長めに残しておく予定です。 しかし、主要なサポート(および更新の頻度)が2.6のバージョンをベースとするため、すべての人が2.6に切り替えることをお勧めします。

その次は?

ご存じの方もいらっしゃるように、次のRedshift 2.6ビルドでは、ロブが最近記事を公開したいくつかの良い点を紹介します(エリアライトの方向性、バンプの改善、シャドウレイのベンド)。 クリプトマットやマルチステップデフォメーションブラーなどの機能が直近の2.6バージョンに搭載予定です。

上記のようなコアレンダラ機能が完了すると、2.6バージョンは「安定」モードになります。 つまり、新機能追加が多く行われるのではなく、安定性とパフォーマンスの維持のために費やされます。Redshiftの主要な新機能は、Redshift 3.0に搭載されます。今後数ヶ月以内に、おそらくSIGGRAPHあたりに実験版を公開したいと考えています。我々は今もRS 3.0の研究開発に力を注いでおり、3.0における複数の新機能やパフォーマンスを好ましく思うでしょう!共有可能な具体的な情報ができましたら、Dev Announcementsへの投稿を準備します!