Created on | Updated on
フォローする

ライセンスサーバーのライセンス取得の順番は決まっていますか?

■質問

Autodesk製品のネットワークライセンス(マルチユーザーライセンス)のライセンスサーバーを使用しているのですが、ライセンス取得の順番は決まっているのでしょうか?

 

■回答

Autodesk製品にはカスケードライセンスと呼ばれる機能があり、カスケードライセンスでは、優先順位の上位に格付けされた製品のライセンスが使用される前に、優先順位の下位にある製品のライセンスが使用されるようになっています。

そのため、単体製品のライセンスやその単体製品を含むSuite製品のライセンスを同一のライセンスサーバーで使用している状況でもカスケーディングの機能によりライセンスファイルの結合順序によらず単体製品のライセンスが先に使用されるようになります。

例として、下記はMaya2018ライセンスのカスケーディングになります。

Maya 2018
 Maya Entertainment Creation Suite Standard 2018
 Entertainment Creation Suite Ultimate 2018
 Alias AutoStudio 2018
 Maya 2018 with Softimage

オートデスク製品のカスケード シーケンス

 

また、同一製品のライセンスファイルを結合させた場合には、ライセンスファイルの上から順番に記載されている製品のライセンスを使用するようになっています。

 

カスケードライセンスにより、どのライセンスを使用するのかについてはある程度コントロールすることが出来ますが、だれがどのライセンスを使用するというように詳細にライセンスを使い方を限定する場合には、オプションファイルを使用する必要があります。

オプション ファイルとは何ですか?

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。