Created on | Updated on
フォローする

3DS MAX用Substance:生産準備完了です!

2017年11月、Substanceの3ds maxプラグインのベータ版をリリースしました。 現在、Autodesk 3ds Max 2019がリリースされ、最初の3ds MaxのSubstance公式ビルトをリリースします。


3ds Max用Substanceはベータで使用できた機能だけではなく、ワークフローをさらに間然するための大幅な改善が行われました。プラグインは、V-Ray、Corona、Arnold、Octaneなどの業界標準のレンダラーで使用できます。 ユーザーからのフィードバックにより、マテリアルの設定が合理化され自動化され、ワンクリックでシームレスに操作できます。

同様に、ベータ版の他の機能(ユーザーフレンドリーなインターフェイス、パフォーマンスの向上、プリセット管理など)も大幅に改善されました。 私たちは現在もなお、安定性とワークフローを大幅に改善するために統合を改良し続けていました。

新しい3ds max用Substanceプラグインの目標は、3ds MaxとSubstanceの確実な相乗効果をもたらすことでした。 機能は堅牢であり、徹底的にテストを行っていますが、新しい機能や機能が追加されていない場合、これは公式リリースではありません。

CoronaとOctane3.06をフルサポートしました。 これらのレンダラはいずれもワンクリック設定をサポートしており、ArnoldとV-Rayに加えSubstanceメニューのオプションも用意されています。

 

ArnoldとV-Rayの自動ワークフローはベータ版以降大幅に改善されました。 V-Rayでは、現在、正しい結果が得られており、不透明度などの追加のチャネルタイプが自動ワークフローで使用されています。

インタラクティブレンダリングの問題が修正されました。 SubstanceマテリアルをCoronaやV-Rayなどのインタラクティブ/プログレッシブレンダラで更新することができます。レンダリングを再度開始せずに結果に変更が反映されます。

 

 

プラグインを使用して作成されたSubstanceプリセット(.sbsprs)は、Allegorithmicの他の全ツールやインテグレーションと互換性があります。 これにより、Substanceの内容と設定をアプリケーション間で共有する柔軟性が向上します。

保存と読み込みが大幅に改善され、信頼できる安定性が得られます。

利便性を高めるため、3ds Max Material Librariesを使用してSubstanceマテリアルを追加および整理することができます。Substanceを使用してカスタムマテリアルライブラリを作成することができます。

ベータ版からのアップグレードに関する重要な注意:ベータ版を使用して作成されたSubstanceは、公式リリースの大幅な更新および変更により正式リリースと互換性がありません。 この問題は、プラグインの将来のリリースでは発生しません。

当面は、元のバージョンのmaxプラグインはネイティブに統合されており、レガシーサポートを利用できます。 Slate EditorのGeneral> Mapsにある新しいプラグインはSubstance2となります。

 

皆さんの手助けは、私たちのツールと統合を改善するために非常に貴重です。 3ds Max用Substanceについて考えてみましょう。

いつものことですが、あなたが何を作るのか楽しみにしています!

 

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。