Created on | Updated on
フォローする

Arnoldのライセンスサーバーを指定する[RLM]

クライアントマシンからArnoldのRLMライセンスサーバーを参照し、ライセンスを取得できるようにする設定について説明をします。

RLMライセンスサーバーとしてどこを参照するかについては、環境変数solidangle_LICENSEを設定することで参照先を指定することが可能です。
以下で、各OSについての設定方法について説明していきます。

なお、ポート番号はライセンス ファイルで指定されています。デフォルトのポート番号は5053になります。

 

■Windows

変数名: solidangle_LICENSE
変数値: 5053@192.168.1.180

windows_env_solidangle.png

変数値には、ライセンスサーバーのホスト名もしくはIPアドレスを入力します。

参考:
環境変数の追加する方法について[Windows10]

■Linux(bash, ksh)

export solidangle_LICENSE=5053@192.168.1.180

■Linux(csh)

setenv solidangle_LICENSE 5053@192.168.1.180

■MacOS(bash)

export solidangle_LICENSE=5053@192.168.1.180

 

Linux、MacOSでは、シェルで printenv コマンドを入力すると、環境変数がそのターミナルで設定されていることを確認できます。 コマンド実行によりすべての環境変数の設定が表示されます。
下図は、linux(bash)で実行した際の結果になります。

linux_export_solidangle.png