Created on | Updated on
フォローする

Arnold 使用開始までの流れ

■概要

Arnoldの使用し始めるまでの設定について説明していきます。
設定の流れとしては、下記のようになります。

1. Arnoldライセンスのライセンスサーバーの設定
2. クライアントマシンへのArnoldプラグインのインストール
3. クライアントマシンでのArnoldのライセンス設定

 

■Arnold ライセンスサーバーの設定

Arnoldのライセンスは、すべてフローティングライセンスとなりますので、ライセンスサーバーの設定を行う必要があります。
また、お持ちのライセンスタイプや使用するArnoldのバージョンにより、使用するライセンス管理システムが異なっておりますので、下記ページを確認し、どのライセンス管理システムを使用するのかご確認下さい。

Arnoldのライセンス管理について

1. Flexlmを使用される場合

1.1 ライセンスファイルの取得
ライセンスファイルはAutodeskアカウントのページより取得することが可能です。
下記ページを参考にライセンスファイルの発行を行って下さい。

ネットワークライセンスファイルの取得

弊社でも代行してライセンスファイルを取得することが可能です。
ライセンスファイルを発行を依頼される場合は、下記情報を弊社サポートまでご連絡下さい。

  • Arnoldのシリアル番号
  • ライセンスサーバーのホスト名、MACアドレス

1.2 Flexlmライセンスサーバーの設定
新規でFlexlmライセンスサーバーを設定される場合、下記ページをご参照下さい。

Autodesk製品:ネットワークライセンス設定(Windows)

既存のFlexlmライセンスサーバーにArnoldのライセンスを追加される場合、下記ページをご参照下さい。

オートデスク ライセンスの設定

 

2. RLMを使用される場合

2.1 ライセンスファイルの取得
RLM用のArnoldライセンスファイルはAutodeskに直接申請して取得する必要があるため、RLM用のライセンスファイルが必要な場合には、下記情報を弊社サポートまでご連絡下さい。

  • Arnoldライセンスのシリアル番号
  • 発行ライセンスの本数
  • ライセンスサーバーのMACアドレス

2.2 RLMライセンスサーバーの設定
RLMライセンスサーバーの設定につきましては、下記ページをご参照下さい。

ライセンス サーバを設定する

■Arnoldプラグインのインストール

まず、SolidAngleのページより使用するArnoldのプラグインをダウンロードします。
ダウンロードについては、下記ページをご確認下さい。

Arnoldのダウンロード方法

プラグインのインストールについては下記ページをご参照下さい。

Arnoldプラグインインストール

こちらはMtoAのインストールの説明ページになりますが、その他Arnoldプラグインも同様の手順となります。

■クライアントマシンでのArnoldライセンスの設定

クライアントマシンがArnoldライセンスサーバーよりライセンスを取得出来るようにライセンスサーバーの参照先を設定します。設定方法は下記になります。

ライセンスサーバーがFlexlmの場合
Arnoldのライセンスサーバーを指定する[Autodesk License(Flexlm)]

ライセンスサーバーがRLMの場合
Arnoldのライセンスサーバーを指定する[RLM]

■最後に

AutodeskのAREA JAPANのページにArnoldに関する情報が多く上がっていますので、こちらも合わせてご確認下さい。

https://area.autodesk.jp/product/arnold/documents/

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。