Created on | Updated on
フォローする

ハイドのコンストレインを外す

btn_dl_on.gif

 

MQ+ Remove View Constrain:

MQ+ Create View Constrainを掛けたオブジェクトに対して使用します。
MQ_RemoveViewConstrain1_1a.jpg ⇔ MQ_RemoveViewConstrain1_1b.jpg

 

インストール方法:

  1.  ダウンロードしたファイルを解凍し「MQ_RemoveViewConstrainPlugin.vbs」をお使いのSoftimageのプラグインフォルダに保存します。
  2.  Softimageを起動し直すか、File > Plug-in Manager…のTreeタブのLoadボタンで上記のファイルを指定します。

 

MQ_RemoveViewConstrain1_2a.jpg使用方法:

  1.  処理の対象としたいオブジェクトを選択します。 複数選択可能、階層選択をした場合はそのブランチの末子まで処理対象となります。
  2.  画面右の MCP より Constrain > MQ+ Remove View Constrain を実行します。
    MQ_RemoveViewConstrain1_3a.jpg

    コマンド実行時に選択していたオブジェクトの表示/非表示が、ソースからの影響を受けなくなります。
    MQ_RemoveViewConstrain1_4a.jpg ⇔ MQ_RemoveViewConstrain1_4b.jpg

 

情報:

製作者:KITAMURA MisaQa / MisaQa-k@borndigital.co.jp
制作日:2009/12/17
対応:XSI v6.5以降,SOFTIMAGE v7.5以降
※このスクリプトを使用した一切の障害に対し弊社は責任を負いません。
※本スクリプトの販売目的での商用利用は許可いたしません。